ダウロードしたソフトをBlu-Rayに焼いて保存する超初心者編


最近のパッケージ版では、ソフト本体のサイズが大きいので、
パッケージ版では、DVDディスクやblu-rayディスクで箱の中に入っています
(メーカーによって、CDディスクの場合もあり)

この場合なら、手元に、ソフト本体のディスクがあるので、たとえ、ハードディスクを
フォーマットしても、もう一度、インストールすることは可能です
もしくは、ハードディスクを交換したなど対応可能です

購入したダウロード版ソフトをパソコンのハードディスクに置いたままでは、
回復ドライブで、工場出荷時や、またはステム復元機能で、回復させた場合は、
そのソフト本体が消えてしまいす

※※※補足重要、初心者さん解説
ダウンロードしたアプリ本体も、フォルダに残ったまま、消さずに
システムイメージバックアップ(PC丸ごとバックアップ)を作成した場合は、
そのバックアップイメージの、その中にあります
そこで、先に、ダウンロードしたアプリケーションソフトは、
DVDやBDに焼いて保存するのが最良だと思います

では、実際にバックアップの仕方です
この例として、私がダウンロード版購入した、サイバーリンク社の
DirectorSuite4.0とMediaSuite13.0_Ultimateの両歩を保存します
どちらも、ダウンロード版で最上位版になり、合わせて4万以上もしたので、
この本体を無くすと大変なことになります

※※※参考までに
一応、別の外付けハードディスクには保存してありますが、使用していれば、
物理駆動があるハードディスクはいつかは、壊れる物です

この2つのソフトの容量が焼く10Gほどあるので、Blu-Rayに焼いてみます
使用するライティングソフトは、Power2Go10です

操作1 Power2Go10を起動します、データファイルとして、ブルーレイにに
書き込むので、「データディスク」を選択します
次に、サイズが大きいので、「ブルーレイディスク」をクリックします。

001

操作2 次の画面では、まず、保存している場所を選択します。赤丸
左側のドライブ機器から選択します
すると、右側欄に、フォルダやファイルが表示されます。緑丸
その、緑丸側から、下側の白枠に、必要なものをドラッグします。青丸

002

操作3 ここでは、フォルダごと、MediaSuite13.0_UltimateとDirectorSuite4.0を
ドラッグしています。
その際に、一番下に、青いバーが表示されます、これで、容量が確認できます
この画面では、まだ、半分以上あいてますが、他は、必要ないので、このまま進めます

003

操作4 そして、下段の左上に、ディスクの名前が表示されてます
ここは、最初は既定値で表示されていますので、分かりやすい名前に変更します。
クリックすれば、選択状態になるので、文字をバックスペースキーで消します

004

操作5 ここは、わかりやすく、CyberLink_BACkとつけてみました
この名前の部分は、パソコンのドライブ機器にBDディスクを挿入したときに
ドライブに表示される名前です

005

操作6 一番右下にある、ディスクの形をした「書き込みボタン」をクリックします

006

操作7 設定画面が表示されます、ここは、タブの「オプション」をクリックします
その中にある、「追記禁止、今後データは追記できません」に、チェックを入れます
できたら、下の「書き込む」ボタンをクリックします

007

操作8 そうすると、実際に、書き込むが開始されます。
ここは、容量サイズやメディアスピードによって、時間は変わってきますので、
終わるまで、待ちます

008

操作9 書き込みが、終了すると、作業完了の画面が表示されます
ここは、そのまま、「OK」ボタンをクリックして、あとは、ソフトを閉じます

009

これで、ダウンロードしたファイルをblu-rayに焼くことができました、
今回は、ブルーレイに焼きましたが、DVDに焼くのも、まったく同じです
最初のメディア選択のとこで、DVDを選択すれば、DVDに焼くことができます
全ての作業は完了です

スポンサーリンク

シェアする

フォローする