ムービーメーカーのDVD焼き方初心者が簡単にできるオーサリング編


ムービーメーカーで作成した動画を、DVDに焼くやり方、初心者入門編

初心者でも、オーサリングソフトを使用すれば、簡単にDVDに焼いて、TVで見れます
オーサリングソフトは、PowerProducer 6が最良です

※初心者さん向けに、過去記事では、無料ソフトを紹介してますが、
複数ソフトを使用したり、ダウンロードやインストールで、うまくできないなど
初心者さんには、難しいと感じる場面もあるようなので、

★今回は、有料ソフトですが、このソフト1本で、オーサリングと書き込みができる
一番簡単で、Windows10対応で、2層式にも安定した
PowerProducer 6 Ultra iconです

★PowerProducer 6の入門者さん向けに動画でも説明しています
動画では、メニューなし3D対応のやり方で説明しています
ムービーメーカーのDVD焼き方TVで見る初心者が簡単にできるオーサリング編

まず、準備として

ムービーメーカーで動画編集を完成させて、mp4で保存します
※初心者さんは、間違って「wlmp」で保存しないようにです、
拡張子wlmpでは、家庭用レコーダーなどで再生する、DVDは作成できません
■ムービーメーカーの正しい動画を保存するやり方を説明してます
以下は動画で説明
ムービーメーカーで動画編集できたものを拡張子MP4で保存
以下は、静止画で説明
ムービーメーカーでmp4を保存

ムービーメーカーの動画をmp4で保存することができれば、素材の完了

■ムービーメーカーのmp4をオーサリングして、実際にDVDメディアに焼く作業
オーサリングとは、mp4をDvd-Video形式に変換することです
この DVD-VIDEO形式にすることで、家庭用レコーダーで認識して
再生して、TVで見ることができます
つまり、MP4のまま、DVDメディアに焼いても、家庭用レコーダーでは認識できません

◆PowerProducer 6 Ultraを使用して、ムービーメーカーのDVDを作成します
(PowerProducer6の使い方)

1)PowerProducer 6 Ultraを起動して、「ムービーディスクの作成」をクリックです

pp6_dvd_001

2) DVDに焼くので、DVDのアイコンを選択します。赤枠
★ディスク記録動画形式で「DVD-Video 標準2D、メニューあり」を、
選択します。桃色矢印
★メディア容量は、動画サイズに合わせて、4.7か8.5を選択します。緑矢印
★画面サイズは、16:9のままです。黄色矢印
できたら、下の「次へ」をクリックです。青綾印

pp6_dvd_002
※、最近のデジタルビデオカメラやデジカメは、基本が16:9の録画なので
通常は、16:9のままで、OKです、撮影動画が、4:3の録画のときだけ、
変更します。仮に間違っても、黒帯が入るだけで、作成はできます

重要ポイント、超初心者さん向け
今回 ここでは、超初心者さん向けに、簡単にするために、
「メニュー無し」でDVDディスクを作成していきます
初期値で、メニューありのテンプレート表示されいるはず。

3)そのまま、上にあるメニューから、歯車ボタンをクリックします。赤矢印
※この例の画面と違っていても問題ありません

pp6_dvd_003

4)すると、環境設定画面が表示されます
その時点で、一番上のタブにある「プロジェクト」が選択されてます
■次に、「ムービー再生モード」をクリックします、緑枠
メニューが4つ表示されますので、中から、
「すべてのタイトルを再生する(メニューなし)」を選択します。赤枠
■最後に、その下側にある、「OK」をクリックします。青矢印

pp6_dvd_004

5)前の画面にもどりますので、右のプレビュー画面が
DVDの「メニューの無し」状態が表示されています。黄丸
※前の操作3)と比べてみればメニュありのテンプレートが消えているのがわかります

pp6_dvd_005

6)次に、動画素材を選択します
インポート項目から、「動画ファイル」をクリックです。赤矢印

pp6_dvd_006

7)素材選択画面が開くので、ムービーメーカーで保存したmp4を選択します
選択したら、右下の「インポート」をクリックします。赤矢印
※※※ここでは、素材として、自作したお花見の桜名所今富ダムをmp4で作成してます
実際に別記事にて、初心者さん向けにYouTubeでも説明してます

pp6_dvd_007

8)素材のmp4を読み込んだら、プレビュー画面に、サムネイルが表示されます
このときに、動画のサイズを確認して、DVDメディアを4.7か8.5にするか、
サイズを確認できます。赤矢印
問題なければ、右下の「次へ」をクリックです。黄矢印

pp6_dvd_008

9)次に、DVDディスクに焼く設定画面が表示されます

★★★DVDメディアは、この画面が表示されたら、操作をする前に、挿入します
※データ用の必ずブランクディスクを使用しましょう。
もしくは、PowerProducer 6を起動する前に、
最初から、DVDのブランクディスクを入れておいてもOKです

★ボリュームラベルは、PCのドライブで表示される名前です
パソコンのドライブ機器での表示名なので、英数字のみしか使用できません
この画面例では、「fudemame26」と入力しています。青矢印
★「ディスクに書き込み」の個所には、「チェック」を入れます、緑枠
また、すぐ横の枚数は、自分で好きなだけ作成できます。
ただ、通常は1枚のままでいいと思います。黄色枠
★最後に、設定に問題ないことを確認して、
右下の「書き込み」をクリックです。赤矢印

pp6_dvd_009
※参考までに、今回は、簡単にmp4をDVD-VIDEO形式にして、家庭用レコーダーで
再生してTVで視聴できる、DVDメディアの作成方法ですが
この画面において、「ディスクイメージ」にチェックを入れれば、ISOとして出力も
できますし、また、Dvd-Video形式のまま、フォルダとして出力もできます
●今回は、説明しませんが、また別記事にて、降詳しく説明していきます

10)次の画面で、DVDメディアに実際の書き込み作業が開始されます
ここでは、青いバーが100%になって、確実に終わるまで待ちます

pp6_dvd_010

11) DVDの書き込み作業が終わると、完了画面が表示されます
正常に完了したら、一番上に「完了」が表示されます。赤矢印
あとは、PowerProducer 6を終了をクリックして、閉じるだけです。黄色枠

pp6_dvd_011

これでムービーメーカーのmp4をDVDに焼くやり方
mp4を家庭用レコーダで再生するやり方の説明は終わりです

★PowerProducer 6では、DVD-VideoやBDAVとBDMVなども作成できますし
DVD-VR形式で記録したディスクの、オンディスク編集を行うことができます
PowerProducer 6 Ultra icon

スポンサーリンク

シェアする

フォローする