ムービーメーカーの動画をDVDに焼く安定で安全の有料ソフト(mp4をDVDに焼く)


ムービーメーカーの動画をDVDに焼く(mp4をDVDに焼く)

◆初心者でも、簡単にできるムービーメーカーの動画をDVDに焼いて、
家庭用のTVで見るやり方PowerDirector13編

Windows10において、PowerDirector 13もPowerDirector 14も正常に動作します
なので、どちらを使用しても、問題ないです

ここでは、初心者さん向けの動画編集ソフトのPowerDirector 13を使用します
初心者さんが有料ソフトを使用するメリットは、
●安定と安全と安心が、まず初心者さんには大事かと思います
安定とは、OSに対して動作確認がとれていること、メーカー製ならではの検証が、
しっかりしているので、安定していることです

★★★この内容記事を動画にて、一連の動きで操作手順を説明しています
ムービーメーカーの動画をDVDに焼くやり方Windows10編(mp4をDVDに焼く)

※しかし、無料ソフトの場合は、海外製のソフトが多くて、
ソフトの中には、迷惑ソフトも一緒にインストールされてしまう場合もあり、
安全という意味では、初心者の方には戸惑うし、少し疑問が残ります
※また、海外ソフトの場合、ダウンロードからインストールまでの
ページが英語表記で、英語が苦手な方には分かりづらい場面もあります
※ただ、ある程度の経験とスキルがある方は、問題が起こっても、
自分で対処できる場合は、海外ソフトも問題なく使用可能です

無料ソフトの場合は、1つのソフトだけでなく、2つ、3つ以上の無料ソフトを
使用したりする場合もあり、初心者のかたには、大変です

有料ソフトの場合は、その点、国内で販売されているソフトなら、
そのような問題が一気に解決できますし、なにより、メーカーのサポートもあります★★★★★初心者向のはじめての動画作成に
動画編集とオーサリングとライティングが全て1本のソフトでききる
 PowerDirector 14 Ultra (パワーディレクター 14 ウルトラ)

iconまず、準備として
ムービーメーカーで作成した動画を、MP4で保存しておきます
保存の拡張子がMP4です、Wlmpはまったく違うもなので、間違えないようにです
このあたりがわからない方は、以下参考にしてください
ムービーメーカーでmp4を保存
●拡張子wlmpとは何ですか?

家庭用DVDプレイヤーで再生するための拡張子は?
●DVDメーカーはWindows8.1では無いのですか?

■次に、新品のDVDメディアを用意して、ドライブ機器に先に挿入しておきます
ここで、超重要なことがあります、DVDメディアは、データ用を使用します
間違っても、CPRM対応や録画DVDを使用してはいけません
 自作の動画をDVDに焼くときは、必ずデータ用の新品ブランクディスクを使用すること
このメディアに取り扱いの差で、ソフトの操作方法は正常でも、家庭用レコーダーで、
再生できないなどの原因にもなります
また、誤解の内容に補足ですが、家庭用BDレコーダーなどで、録画するには、
CPRM対応や録画用でなければ、いけません。
※この違いを覚えておくと、自作の動画作成においては失敗は減ると思います

◆ムービーメーカーで保存したmp4をPowerDirector13に読み込みます
ここでは、山口県の旅と観光名称の動画を素材にしています
(PowerDirector13の使い方)

1)PowerDirector13を起動して、フル機能エディッタを選択します。赤矢印

dvd_pdr13_001

2)PowerDirectorが起動したら、左上の「メディア読み込み」ボタンをクリック
※左側から2番目のアイコン、赤矢印

dvd_pdr13_002

3)開いたメニューから、「メディアの読み込み」をクリック

dvd_pdr13_003

4)保存先のフォルダが表示されるので、ムービーメーカーで保存したMP4を選択します
選択できたら、「開く」をクリックです、赤矢印
※場所が違う場合は、自分で、フォルダを選択できます。緑矢印

dvd_pdr13_004

5)元の画面にもどるので、mp4動画をタイムラインに、ドラッグします
※参考までに
ここでは、実際に、山口県の絶景温泉に行ったときの動画です
道の駅阿武町の観光スポットの絶景温泉と恋愛パワースポット

dvd_pdr13_005

6)すぐに、そのまま、DVDに焼く作業に入りますので、
上のメニューから、「ディスク作成」をクリックです。

dvd_pdr13_006

7)ディスク作成画面が表示されます、この画面では、メニュー画面を作成したり
チャプター設定もできたり、複数DVDを1枚のブルーレイにまとめるなども
設定によって作成可能です
■しかし、今回は、初心者さん向けに、超簡単に単純に、そのまま、
ムービーメーカーの動画mp4をDVDに焼く作業だけのやり方を説明です

dvd_pdr13_007

8)この画面のメニューから、「メニュー基本設定」をクリックです

dvd_pdr13_008

9)すると、メニューのテンプレート表示されますが、その中にある、
メニューなし」を選択します。赤丸

dvd_pdr13_009

10)メニューなしの設定画面がさらに表示されるので、その中央あたりの
すべてのページに適用」をクリックします。赤矢印

dvd_pdr13_010

11)設定できたら、プレビュー画面がシンプルな青背景になっています
これが、メニューなしの画面です。

dvd_pdr13_011

12)あとは、DVDに焼くだけです、上のメニューから、「2Dディスク」をクリック
すると、焼きたいディスク設定の画面が表示されます
今回は、DVDに焼くので、DVDを選択します。赤丸、
また、ここで、4.7Gか8.5Gも選択できます。緑矢印の▼下三角で選択
その他の設定は、既定値のままで、OKです
●動画録画形式、DVD-Videoになっていることは確認です
●ワイド画面が16:9などを確認してます

dvd_pdr13_012

13) 問題なければ、全体画面の一番右下にある、
「2D書き込み」ボタンをクリックします。赤矢印

dvd_pdr13_013

14)さらに、最終出力画面が表示されます
※この画面では、ディスク書き込み以外にも、ISOやフォルダ出力も可能です
●選択されている、ドライブ機器が正しいか確認します
DVDメディアを入れたドライブ機器になってないと、エラーになります
初心者の人は、ここは確認です
●ディスクボリュームラベルは、自由に英数字でDVDの名前を変更できます。赤矢印
●今回はDVDメディアに書き込むので、一番上に「チェック」を入れます。赤枠
その下2つのチェックは外しておきます
また、枚数の指定もできます、緑枠

dvd_pdr13_014

■最後に問題なければ、「書き込み開始」クリックです。黄矢印

15)実際に書き込み作業が始まるので、ここは、終わるまで待ちます
青いバーで進行状況を示していますが、パソコンの性能や動画のサイズなどによって
時間は、異なりますので、完全に終わるまでまつことです

dvd_pdr13_015

16)正常に完了すると、「完了」画面が表示されます
「OK」をクリックして、あとは、ソフトを終了させます

dvd_pdr13_016

これで、mp4をDVDに焼くことができました。
このPowerDirector13なら、オーサリングとライティングを一度に簡単に
作業してくれますので、初心者さんには、扱やいと思います
★★★★★初心者向のはじめての動画作成に
動画編集とオーサリングとライティングが全て1本のソフトでききる
 PowerDirector 14 Ultra (パワーディレクター 14 ウルトラ)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする