mp4をDVDに焼いてテレビで見るやり方DVDStyleの使い方2回目


簡単に家庭用プレイヤーで見るために動画をDVDに焼く方法

今回は、DVDStyleの使い方2回目です

DVDStyleの使い方としては、下記になります

mp4をDVDに焼いて家庭用DVDプレイヤーで再生してテレビで見れます
mp4をDVDに焼いて家庭用BDレコーダーで再生してテレビで見れます

DVDStyleは、無料のオーサリングソフトですので、家庭用DVDで再生できる形式で、
DVDに焼くことができます
但し、DVDStyleで作成できるのは、
DVD作成のみであって、ブルーレイのオサーリングはできないので、BD作成はできません。

※補足 ブルーレイに焼いて家庭用プレイヤーで見るためには、
■無料ソフト場合は、別ソフトのmultiAVCHDなのでBD作成はできます
ただし、初心者さんには、英語表記と操作が多少難しいかもしれません。
multiAVCHDの使い方は、過去記事で詳しく解説しています

■初心者さんでも、簡単に、DVD作成やBlu-Ray作成ができるのは、有料ソフトがありま
●有料ソフトを使用すれば、DVD作成もblu-ray作成も、そのソフト1本で、全てできます
オーサリングソフト
PowerProducer 6
icon動画編集ソフト
PowerDirector 14 Ultra (パワーディレクター 14 ウルトラ)
icon

目次
1、動画設定項目の変更
2、動画の読み込みから文字日本語設定
3、ルート画面にBGM設定
4、動画データをDVDに焼く

具体的な例をあげれば、下記の内容です
ムービーメーカーで作成したmp4をDVDに焼くことができます
パソコンに保存してある動画をDVDに焼くことができます(mp4以外の拡張子もできます)

1、動画設定項目の変更

操作1

DVDStyleを起動すると、最初にプロジェクト設定が表示されるので、
ここは、非常に重要なので、先に設定をします

●ディスクラベルは、自由に名前を付けれますが、英数字のみです。赤矢印
※この例では、「DVD-test」にしてます
●ディスク容量は、4.7GBか8.5GBを動画サイズに合わせて変更します。青矢印
●映像方式を必ず、「NTSC」に変更します、ここが一番重要です。赤枠
●縦横比は、基本的に16:9にしておきます、ハイビジョン以外なら4:3でもOKです。青枠
●音声形式は、AC3に設定します。緑枠

設定が終わったら、下の「OK」をクリックします。黄色矢印

DVDStyler_013

2、動画の読み込みから文字日本語設定

操作2

すぐに、タイトルメニューのテンプレートが表示されますので、
まずは、この中から、好きな種類を選択しておきます。赤丸
できたら、下の「OK」をクリックいます

※この例では、説明上簡単に、一番左上のテンプレートにしてます

DVDStyler_200

操作3
エクスプローラから動画ファイルのmp4を選択して、下段の白枠にドラッグします
下図は、ドラッグした状態です。
※ここでは、動画ファイルmp4にしてますが、それ以外のWMVやmpgなども、
そのまま使用できます
DVDStyler_201

操作4
次に、日本語フォントを設定していきます
画面のタイトル文字になる、四角並びを、右クリックします。黄矢印
メニューが表示されたら、「プロパティ」をクリックします。赤矢印

DVDStyler_202

操作5

開いた画面で、テキストの白枠に、タイトルの名前を入力します
入力できたら、すぐ横の「フォント設定」をクリックします。黄矢印
※この例では、「動画のテストです」と入れています

DVDStyler_204

操作6

フォント設定画面が表示されますので、日本語が表示されるように設定します
●フォント種類では、必ず日本語フォントを選択します。赤枠
※画面にそれ以外だと日本語文字が正常に表示できません
●文字のスタイルや文字サイズも、ここで、設定できます、緑枠

設定できたら、下の「OK」をクリックします。黄矢印

DVDStyler_205

操作7

元の画面にもどるので、ここも下の「OK」をクリックします。赤矢印

DVDStyler_206

操作8

プレビュー画面が、先ほど入力した、「動画のテスト」と表示されています
すぐ下の赤枠で囲った、四角並びも、選択して、右プロパティから、同じように、
「フォント設定」を日本語に変更しておきます

DVDStyler_207

3、ルート画面にBGM設定

操作9

一番下の「VMGMメニュー1」を選択して右クリックして、表示された
メニューから「プロパティ」をクリックします

VMGM設定画面が表示されます、DVDのルートメニュー時に再生されるBGMを挿入するため、
音声の項目右の、点3つ「・・・」を選択します
※ここの音声とは、動画ファイルmp4の音声でありません。DVDを機器に挿入して、
最初に表示されるルートメニュー画面の音声設定です

DVDStyler_208

操作10

BGMに使用する、mp3やwavファイルを選択して、下の「開く」をクリックします
この例では、フリーの音楽ファイルmp3を使用してます

DVDStyler_900

操作10

映像プロジェクト画面にもどるので、音声の白枠に音声ファイルが表示されているのを
確認して、下の「OK」をクリックします

DVDStyler_210

操作11

最初のプレビュー画面にもどります。設定した音声ファイル形式が、
一番下の、「VMGMメニュー1」に、小さく、表示されているのが確認できます
※この場合は、形式がmp3なので、mp3と表示されます
非常に小さいの、大きく拡大してみました

DVDStyler_211

4、動画データをDVDに焼く

操作12

メニュー下にある、赤い円盤の「DVD書き込み」ボタンをクリックします。赤枠

DVDStyler_212

操作13

書き込み設定画面が表示されます
既定値では、「DVD書き込み」にチェックが入っていますので、DVDメディアを挿入して、
ドライブ機器がメディアを認識してから、「開始」をクリックします

DVDStyler_213

操作14

作業が開始されます、パソコンの性能や環境によって、作業時間は大きく異なりますので、
ここは、終わるまで、待ちます

書き込み作業が終了すると、下図のように、緑文字で「書き込み正常終了」と表示されます
あとは、右下の「閉じる」をクリックして、ソフトを閉じます

これで、mp4 dvdn 書き込みは、完成しました

DVDStyler_214

最後に、この記事では、初心者さんのために、簡単にDVD作成できるように、
重要なとこだけを説明してます

DVDStyleは、メニュー作成において、非常に自由に表現できるようになっています
背景画像も、既定値のものだけでなく、自分で用意した写真や画像を背景に使用したり、
文字の色やサイズ変更だけでなく、テキスト以外にも丸型のボタンやその他が、
設定可能です。
今回は、一度に全てを紹介しきれないので、機会あれば説明したいと思います

スポンサーリンク

シェアする

フォローする