無料でDVDからblu-rayに変換できるDVDtoBD Expressの使い方


無料のDVDtoBD Expressの使い方オーサリング編

DVDtoBD Expressは、dvd-video形式の映像を、BDMV形式にオーサリングできます
BDMVとは、ブルーレイ規格になります、BDMVをBD-VIDEOとも呼ぶ場合があります

この記事の素材として、自分で作成した家族旅行のDVDメディアを使用して、
DVDからblu-rayにオーサリングします、当然自作なので、プロテクなどはありません

前回の記事1回目では、インストールのやり方を説明しました
無料でDVDからblu-rayに変換できるDVDtoBD Expressのインストール編

今回の2回目は、DVD映像からblu-ray映像形式に変換するやり方です

操作1

DVDtoBD Expressを起動した画面です
このソフトの特徴は、非常に初心者でも、超簡単操作できます
なぜなら、触る箇所は、下図の、赤枠、青枠、緑矢印の3箇所だけです
無料でDVDからブルーレイ変換がこれほど簡単にできるソフトです

dvdtobd_008

操作2

先に、パソコンのドライブ状態を示します、この画面から分かるように、
K:ドライブに、自作のDVDメディア「Travel_2013_08」が挿入されています
この2013年8月の家族旅行のDVDをBlu-Ray形式に変換していきます

dvdtobd_009

操作3

左上の「Source folder」欄にある、入力元のアイコンをクリックします。赤丸

dvdtobd_010

操作4

ドライブ「K:」を選択すると、その中に、「VIDEO_TS」が表示されますので、
その、VIDEO_TSをクリックします。緑枠
※この例では、ドライブ機器は「K:ドライブ」ですが、個々のPC環境によって、
異なりますので、自分のパソコンに合わせて読んでください。

dvdtobd_011

操作5 フォルダをクリックすると、下図のように、「VIDEO_TS.IFO」が表示されます
そのまま、下の「開く」をクリックします。赤矢印
★重要
この操作画面において、VIDEO_TS.IFOが表示されない場合は、そのDVDが、
正常な、ビデオ形式(Dvd-Video)になっていないことが考えられます。
Dvd-Video形式なら、必ずvideo_ts.ifoが存在します

dvdtobd_012

操作6

元の画面に戻るので、「Source folder」の表示が、
この場合、「K:\video_ts」になっているのが確認できます

dvdtobd_013

操作7

次に、「Destination folder」は、保存先のことですが、ここは、既定値のままでOkです
変更したい場合は、アイコンボタンから変更できます
※英語的な意味は、移動先見たいです

★参考までに、このソフトは制作された時期が、windows10/8.1/8以前なので、
ソフトの設定が古く、C:ドライブのルートにインストールされています
インストール先の設定で、変更すれば、通常のC:\Program Files (x86)にできます

dvdtobd_014

操作8
右側の「Stage 1 」のボックス欄が、青色になり、作業中の状態を表示します
「Stage 1 」から「「Stage 3 」までが、青色から緑色になれば、作業が完了です

dvdtobd_016

操作9

最初の「「Stage 1 」」のボックス欄は、緑色になりました、これで、1番目の作業は、
完了しています、次に、「Stage 2 」が、青色になっていますので、作業中です
このような流れで、「「Stage 3」まで、終了するまで、待ちます

dvdtobd_017

操作10
DVDからブルーレイ変換の作業が、全て終了した状態が下図です
「「Stage 1 」から「「Stage  3」までのボックス欄が、緑色になっています
この状態であれば、blu-rayのオーサリングは完了していますので、ソフトを終了します

dvdtobd_018
操作11 実際に、BDMV形式のフォルダを確認します
エクスプローラを開いて、C:\DVDtoBDを開きます、その中に、下図のように、
「MUXED」フォルダがありますので、これをクリックします

dvdtobd_019

操作12
「MUXED」フォルダの中に、DVDからブルーレイにオーサリング(変換)した、
BDMVとCERTIFICATEがあることが確認できます。赤枠
これで、DVDからブルーレイの変換(オーサリング)が正常にできていることが、
確認できました、あとは、このフォルダをライティングするだけです

dvdtobd_020

■出来上がった、BDMVとCERTIFICATEを、Power2Go 10 Platinumか、ImgBurnなどで、ブルーレイメディアに書き込めば、家庭用レコーダーで再生してテレビで見れます

ImgBurnの使い方は、過去記事で何度も取り上げて説明していますので、
そちらを参考にしてください。
また、ImgBurnの使い方は、操作自体は、windows8/8.1/10も同じです
※ImgBurnを使用する場合は、悪質なマルウェアが入らないように、注意が必要です
ImgBurnのインストールを詳しく解説したページは以下参考に
Windows10でImgBurnを使用してDVD焼くことはできますか

次回は、復習も含めて、ImgBurnの使い方として、ImgBurnでISOでは無く、
BDMVとCERTIFICATEのフォルダからブルーレイ作成する方法を解説します

スポンサーリンク

シェアする

フォローする