ImgBurnでブルーレイに書き込む方法multiAVCHD編


multiAVCHDでImgBurnを使用してブルーレイ作成

今回の、ImgBurn 使い方として
ImgBurnでISOを焼くのでは無く、bdmvフォルダを焼くやり方です
BDMVとCERTIFICATEのフォルダからブルーレイ作成する方法を解説します

■ここでは、初心者さん向けに、ImgBurnでBD作成について解説していきますが、
multiAVCHDとDVDtoBD Expressのソフト別に2回に分けて説明していきます

初心者さん必読、超重要で大事な手順を説明します

ImgBurnでブルーレイ作成するには、BDMV形式のフォルダを焼くだけです
(※今回のImgBurnの使い方としての場合です)

では、そのBDMV形式を作成するには、オーサリングソフトを使用します
オーサリングソフトで、mp4やAVCHD(mts、m2ts)をBDMVに変換します

ここれだけを覚えれば、ImgBurnを使いこなすことができます

ImgBurnは、ライティングソフトであって、オーサリングソフトではありません。

今回の素材として使用するのは、
multiAVCHDでブルーレイにBDMVを書き込むやり方です
(無料ブルーレイオーサリングソフト)
multiAVCHDで、変換して出力された、BDMVを使用します

また、別ソフトでもう1つ、
無料オーサリングソフトのDVDtoBD Expressを使用して、変換して
出力された、BDMVを使用して、書き込むやり方は、2回目で説明します

重要 参考までに、補足

DVD FlickとDVDStyleは、DVDのみができる無料オーサリングソフトですので、
Blu-Rayのオサーリングは、対応していませんので、できません。

multiAVCHDでブルーレイ作成のやり方

multiAVCHDはblu-rayに特化した無料オーサリングソフトでBDMV形式に変換できます
しかしライティング機能はありませんので、別途ライティングソフトで、
BDメディアに焼く必要があります

1)準備
まず、multiAVCHDでオサーリングして出力した、BDMVフォルダ先を確認しておきます
この例では、「C:ドライブ¥multiAVCHD¥AVCHD」フォルダになっています。赤枠
ImgBurnでブルーレイに焼くときは、このAVCHDフォルダをドラッグするだけです
★確認できたら、ここで先に、BD-Rメディアを挿入しておきます
基本的には、データ用のBD-Rメディアを使用します
また、BD-REは使用しません、家庭用レコーダーによっては、認識できない機器もあります

ImgBurn_bdmv_001

2)
ImgBurnを起動して、画面の一番右上の
「ファイル/フォルダーをディスクに書き込み」をクリックします。
※補足
ImgBurnをダウンロードしてインストールから日本語化にする手順はこの部ログ内で詳しく説明していますのでそちらを参考にしてください

ImgBurn_bdmv_002

3)
下図の画面では、黄色アイコン(フォルダ参照)をクリックします。赤枠

ImgBurn_bdmv_003

4)
フォルダー選択画面が開くので、適切なフォルダー場所を指定して、赤枠
下の「フォルダー選択」をクリックします。黄色矢印
この例では、C:ドライブ¥multiAVCHDの中にある、AVCHDです
※場所指定を間違えていると、エラー表示がされますので、初心者の方は確認が必要です

ImgBurn_bdmv_004

5)
元の画面にもどり、中央の大きな白枠内に、
「C:¥multiAVCHD¥AVCHD」と表示されているのが確認できます
●右側の「オプション」タブをクリックして、UDFリビジョンを2.60に設定します
※Blu-RayディスクはUDF2.50かUDF2.60のどちらかになります
詳しい説明は過去記事で説明してます

ImgBurn_bdmv_005

6)

次に、「ラベル」タブをクリックします、赤枠
その、UDFの項目欄に、ディスクを挿入したときに表示される、ディスク名を入力します
この例では、「TEST-douga」にしています
※ここは、当然ながら、英数字のみです、日本語を入れるとエラー表示になります

ImgBurn_bdmv_006

7)

次に、「情報」タブをクリックして、電卓のアイコンをクリックします
電卓アイコンをクリックすると、今からBDに書き込むサイズなどが確認できます
●問題なければ、左下にある、「書き込み」ボタンをクリックします。赤枠

★重要 この画面において、書き込み」ボタンが押せない場合は、
1つ、ドライブ機器にメディアが入って以内のが原因
1つ、メディアがブランクディスクでないのが原因
1つ、書き込むサイズに対して、メディアの容量が合っていないのが原因
対処は、新品のBD-Rを使用し、適合サイズをあわせれば、問題は解決できます

ImgBurn_bdmv_300

8)
すぐに、書き込みの再確認の内容画表示されるので、問題なければ、「OK」をクリックします
上から順に見ていけば、内容が確認できます

ImgBurn_bdmv_008

9)
実際に、作業が開始されます、ここからは、パソコンの性能や書き込む容量によって、
大きく時間はことなります。
進行状況の緑バーが100%になるまで、ここは待ちます

ImgBurn_bdmv_009

10)

ブルーレイディスクに書き込みが完了すると、下図の完了画面が表示されますので、
そのまま、「OK」をクリックします
そして、ソフトを閉じるだけです

ImgBurn_bdmv_010

11)
最後に、確認のため、エクスプローラを起動して、Blu-Rayドライブ機器に、
先ほど、プロパティでドライブ名を入力した名前で表示されています
これで、作業は終了です、家庭用BDレコーダーもしくは、家庭用プレイヤーなどで、
再生すれば、テレビで視聴できます

ImgBurn_bdmv_011

スポンサーリンク

シェアする

フォローする