BDAV形式で作成してブルーレイに焼くやり方簡単で初心者向けオーサリングソフト


BDAVの作成が簡単にできるPowerProducer 6

初心者さんでも、簡単にBDAV形式でBlu-Rayメディアに焼いてTVで視聴することが、
できる、PowerProducer 6 Ultraです。
PowerProducer 6 Ultraは、メーカー製のソフトなので、安全安心して使用できます
当然、日本語仕様で Windows10にも対応しています

また、なによりも、操作が簡単で、数回のクリックで、BDAVが作成できます

PowerProducer6は、オーサリングソフトなので、
DVD-Video、BDAV、BDMV、AVCHDを作成できます

DVD-VR形式で記録したディスクの、オンディスク編集を行うことができます
PowerProducer 6 Ultra icon

特徴として、BDAVが作成できるオサーリングソフトは、PowerProducer 6 だけです

◆また、初心者さん向けに実際の操作手順を動画でも説明してます
BDAV形式で作成してブルーレイに焼くやり方の

※参考までに過去記事
過去記事でも無料でBDAVの作成方法を説明してますが、
無料ソフトのため導入にあたっては、多数のソフトをインストールしたり、
ダウンロード先はわからないなど、超初心者さんには、かなり難しいかなと思います
BDAVのブルーレイディスクを作成するMakeBDAV編

BDAV作成のやり方簡単で初心者向けオーサリングソフト

●PowerProducer 6 Ultraが初めての方に、簡単に説明
まず、オーサリングとライティングの違いを説明してます、詳しくは以下
簡単にWindows8/8.1の動画編集ソフト選び方

そして、PowerProducer 6 Ultraでは、なんといっても、種類が豊富で
BDMV, BDAV, AVCHD, AVCREC, DVD, VCD, SVCDのディスク作成が可能です
※VCDはMPEG1でCDに記録するものです、過去には重宝されていましたが、
現在は、DVDで再生するDvd-Video形式ですもしくは、BDMVのblu-rayです

さらには、オーサリングソフトなのに、元のディスクからキャプチャー機能も
あるので、非常に便利です。当然ですが非コピー保護のみです
今回使用する動画の素材は、信長の野望 創造PKのキャプチャー動画です
信長の野望創造は、ゲーム機能自体に、Facebookに投稿できる機能もありますが
今回は、キャプチャーソフトを使用して、フルスクリーンで録画した物を使用します

■今回のBDAVの素材として、旅行の際に撮影した、「川棚のクスの森」を使用します
こちらは、デジタルカメラで撮影した、mp4の素材になります
実際にこの映像はYouTubeにもアップロードしてます
川棚のクスの森 山口県の観光パワースポット

1)PowerProducer6を起動して、「ムービーディスクの作成」をクリックです
(PowerProducer6の使い方)
bdav_001

2)BDAV形式で焼くので、Blu-Rayを選択します。赤丸
●ディスクの動画記録形式をBDAVに変更します。赤矢印
●ディスクの容量選択は、任意で動画サイズに合わせます。青矢印
そして、右下にある「次へ」をクリックします。緑矢印
bdav_002

※補足 BDAVはBDメディアにしか書き込みできません。

3)次のオーサリング画面では、素材を読み込みます
まず、選択した動画記録形式が正しいか確認できます。黄色枠
今回は、キャプチャした自作動画を読み込むので、「インポート」項目から、
「動画ファイル」をクリックします。赤矢印
bdav_003

4)この画面では、素材を読み込み画面が開くので、任意の動画を選択して、赤丸
「インポート」をクリックします。赤矢印
bdav_004

5)この例では、信長の野望創造PKのキャプチャー録画を読み込んでいます
プレビュー画面に、サムネイルが表示されているのが、確認できます。赤丸
この状態で、右下の「次へ」をクリックします。
bdav_005

★★★補足重要、
この画面で、実は、TVで再生したときの、メニュー作成やチャプター設定も
詳細に設定できます
チャプター設定では、自動と手動の2つのやり方があり、とても便利です
※ただ、今回は、超初心者さん解説なので、まずは、簡単に作成できる手順として
説明しているので、ここは、省きます。

6)次の画面に進むと、ディスクの書き込み設定が表示されます

ここでは、BDメディアにBDAVで焼くための設定です
●一番上のドライブ機器がBlu-Rayドライブになっているか確認します。黄色枠
●ボリュームラベルは、PCのドライブで表示される名前です。赤矢印
当然ですが、英数字のみです
この例では、「Nobunaga001」と入力しました。
●ディスク名とは、BD再生中に表示される名前です。青矢印
この例では、「信長テスト素材」と入力しています、ここは日本語でもOKです
★★★次に、一番大事な設定です
「ディスクに書き込み」のとこに、「チェック」を入れて、黄枠
作成したい「枚数」を設定します。この例では1枚です。青丸
●左下にある、ディスクの円盤を表示しているとことこで、
実際に書き込もうとしている、容量が確認できます。黄色矢印
★最後に、設定に問題ないことを確認して、右下の「書き込み」をクリックです。青矢印

bdav_006

7)次の画面では、実際にBDメディアに、BDAVでの書き込みが作業が開始されます
bdav_007

※※※補足として、さらに初心者さんに説明
この作業画面では、動画素材をオーサリングして、さらにディスクに書き込みを
行っています。つまりオーサリングと書き込みの2つの作を行っているのです
このあたり、有料ソフトでのメリットがあるかと思います

※過去記事で紹介している、BD作成ができる無料ソフトのmultiAVCHDでは、
オーサリングしかできませんので、別途ライティングソフトで焼く必要があります

8)作業が最後まで完了すると、「完了画面」が表示されます。赤矢印
そのまま、終了する場合は、「PowerProducer 6」の終了をクリック。赤枠
bdav_008

※上の画面では、さらに、プリンターで、ディスク面に印刷なども行えます
9) 最後に、今、焼いて出来上がったブルーレイメディアの中身を確認してみます
エクスプローラから、Blu-Rayドライブ機器を選択して、「開く」をクリックします
すると、下図のように、ブルーライメディアの中身が、「BDAV」になっているので、
正常にBDAV形式として、作成できています

bdav_009

★有料ソフトですが、非常に安定して2層式にも書き込みもできます
その他にもムービーメーカーで作成したmp4をオーサリングして、
DVDかBDに焼いたディスクをTVで再生なども、簡単にできます
PowerProducer 6では、DVD-VideoやBDAVとBDMVなども作成できます

PowerProducer 6 Ultra icon

■動画の映像シーンをカットしたり、つなげたり、または動画に文字を入れたり、
ナレーションやBGMなど、色々な演出効果をしたい場合は、
動画編集ソフトを選択するのもありです
PowerDirector 14 Ultra

スポンサーリンク

シェアする

フォローする