Power2Go10でISOイメージを焼くやり方


ISOをDVDに焼く方法Power2Go 10 Platinum

ISOイメージの作成や、ISOをDVDに焼く、ISOをblu-rayに焼くなど、
Power2Go10なら基本機能ですので、非常に操作も簡単で、初心者さんでもできます

●ここで焼くISOとは、Dvd-Video形式のISOイメージなのでDVDメディアに焼きます
●または、BDMV形式のISOイメージなら、ブルーレイメディアに焼く必要があります

その他にも、ISOイメージといても、中身は、動画形式だけでなく、単に動画データの
場合もあり、この場合は、データ用のISOなら、その内容に合った、CDメディア、DVDメディア、Blu-Rayメディアに、焼く(書き込む)必要があります

今回は、素材として、山口県の1人旅に行った時の
国指定天然記念物の日本三大樟樹の1つ、
川棚のクスの森 山口県パワースポット
撮影した動画をDVDに焼いてテレビで視聴できるようにしてますが、
素材として使用するため、Power2Go10で
そのDVDディスクをISOイメージにしてみました、下図
拡張子ISOになっています
※この例では、ISOイメージは、「ビデオフォルダ」に保存しています


p2go_iso_01

この例では、そのISOイメージをDVDにPower2Go10で焼くやり方です

操作1 Power2Go 10を起動します、最初の画面で、「ディスクコピー」を選択します
さらに下の「ディスクイメージ書き込み」をクリックします

p2go_iso_02

操作2 次のディスクイメージ書き込み画面が表示されます
●書き込み元を選択します、右側の「・・・(参照)」点3つをクリックです。赤枠

p2go_iso_03

操作3 素材元になる、拡張子ISOを選択する画面が開くので、必要なISOを選択して、
下の「開く」をクリックします

p2go_iso_04

操作4 すると、読み込み元に、選択したISOイメージのファイル名になっています。赤枠
次に、以下の設定を確認します
●書き込み速度を確認して、必要なら変更します
※通常は、自動で最適値が表示されますので既定値のままで。緑枠
●コピー枚数は、必要な数字を入力します。青枠
●最後に、設定が正しければ、「書き込み」をクリックします。黄色矢印

p2go_iso_05

操作5 ディスクの書き込み作業が開始されるので、終わるまで待ちます
一番上に、「書き込み中」と表示されています
青いバーが作業時間の目安になりますが、サイズや容量によって、時間は異なります
p2go_iso_06

操作6 作業が正常に終了すると、完了画面が表示されます。赤枠

p2go_iso_07

その下の「OK」をクリックします、
ここの「ok」をクリックしたら、ディスクが排出されます

■元の最初の画面にもどるので、後は、ソフトを閉じるだけです
これで、全ての作業は完了です

Power2Go 10/DVD、ブルーレイ、BDXLなど多様なディスク作成ソフト
この他にも、音楽CDコピーやMP3作成なども、作成できます

スポンサーリンク

シェアする

フォローする