USBメモリーにシステムイメージバックアップを保存できますか?


A: USBにシステムイメージバックアップを保存することは、できません

※システムイメージバックアップのことを、別の呼び方として、
丸ごとバックアップ。フルバックアップと呼ぶ場合もあります。

windows8.1もwindows10においても、作業画面において、
システムイメージバックアップ先として、選択できないようになっています
(保存先として、選択できない仕様です)

下図のように、USBメモリをバックアップ先に選択しても、赤矢印
「ドライブは有効なバックアップの場所ではありません」と表示されます。赤枠
※この場合、USBメモリの容量は関係ありません。

usb_01

★★★初心者さんに、補足
誤解の内容に、USBメモリに、バックアップできるのは、ファイル履歴を使用した場合です
ファイル履歴のバックアップは、USBメモリに保存が可能です
ファイル履歴のバックアップとは、単に、ソフトで作成した、ファイル類です
具体的には、画像やワード、エクセルやその他多数あります。
詳しいやり方は以下参考に
windows10のファイル履歴でUSBにバックアップ

また別の質問で、回復ドライブの場合について、答えてみます

Q: USB回復ドライブに、システムイメージバックアップを入れるのは?

A: USB回復ドライブにも、イメージバックアップを入れないほうが無難です
回復ドライブは、起動ディスクと同じ意味になります。
また、パソコンに環境によっては、回復ドライブの中に、回復パーティションがコピー
されている場合があります。

そのような状態の回復ドライブの中に、さらに、システムイメージを入れるのは、
容量てきに、不可能ですし、また、正常に動作するかも問題です

◆なによりも、マイクロソフトの説明には、
USB回復ドライブに、余計なものを入れないようにとの説明があります

※※※補足として、初心者さんには、下記内容は難しいと思います
ですので、ここは、読み飛ばすか、無視してください

では、USBメモリに、絶対に、イメージバックアップを保存できないのかと、言うと、
できるか、できないかで、答えれば、保存はできます

しかし、USBメモリに、イメージバックアップ入れておいても、回復するときには、
そもそも、USBメモリは、選択できません。
ただし、クリーンインストールや工場出荷時の状態にした後に、パソコンが起動した状態で、
そのUSBメモリから、イメージバックアップをHDDに移すことは可能です

※また、最近のシステムイメージファイルの容量が、windows標準の機能で作成すると、
私のPC環境でも、すでに、120GBは軽くこえています。
このような状況では、256GBのUSBメモリが必要です

しかし、USBメモリは、256Gのサイズまで、ありますが、安くなってきたとはいえ、
それなりの値段はします。
システムバックアップイメージの保存先としては、やはりハードディスクかなと思います

スポンサーリンク

シェアする

フォローする