USB回復ドライブの作り方Windows10


Windows10でUSB回復ドライブの作り方です

ここでは、初心者さん向けにWindows10のUSB回復ドライブ作成を説明していきます
回復ドライブとは、USBメモリのみに作成するものです
USBメモリーを持って無い場合は、購入してからの作業になります

よく似た内容で、回復ディスク、リカバリーディスク、バックアップディスクなど、
これは、丸い円盤状のCDメディアやDVDメディアやblu-rayメディアを使用する場合です

また、よく初心者さんが、誤解しているのが

回復ドライブと、回復パーティションは、まったく異なるものです
この2つは、意味も内容も異なっているものなので、同じものでは、ありません。

★回復ドライブとして使用するUSBメモリは、無理に新品である必要はありませんが
データを消して問題ないものなら、今まで使用しているUSBメモリも使用できます

★★★超重要
但し、回復ドライブのみ作成するなら、512M以上のUSBメモリがあればできますが
しかし、回復パーティションを含むタイプのパソコンで、
回復ドライブに回復パーティションを含む、回復ドライブを作成する場合は
最低でも16GB以上のUSBメモリを用意する必要があります
最新のUSBメモリ

また、回復パーティションを含まないタイプのパソコンであれば、512Mから、使用できます
しかし、現在2015年12月なのですが、どこのメーカーでも市販されている、USBメモリは、
最低容量が4Gサイズになっていますので、4Gでも1000円以下で販売されています

USBメモリが用意できたならば、回復ドライブ作業に進みます

1)まず、準備として、USBメモリカードをパソコンに挿入しておきます
ここでの、実際の例としては、F:ドライブが16GのUSBメモリを挿した状態です

SnapShot

2)windows10では、「スタートメニュー」アイコン上で、右クリックをして、
表示された中から、「コントロールパネル」をクリックします。赤矢印

SnapShot(0)

3)コンピューターの設定画面では、右にある「カテゴリ」ボタンをクリックして、
表示から、「大きいアイコン」をクリックします。赤矢印

SnapShot(2)

4)すると、一覧が表示されるので、その中から、「回復」ボタンをクリックします
SnapShot(3)

5)次の高度な回復ツール画面では、「回復ドライブの作成」をクリックします

SnapShot(4)

6)回復ドライブ作成の画面が表示されます。
ここは、そのまま、「次へ」をクリックします。
★重要補足、初心者の方でこの画面で迷う方が非常に多いのですが、
この私のパソコンの例では、以下のように
「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」と表示されてますが
これは、ハードディスクに回復パーティションが存在しているから、表示さています。

つまり、ハードディスクの中に、回復パーティションが存在しないタイプのPCは
この表示は、されませんし、チェックボックスがグレー表示のままです。
どちらにしても、「次へ」をクリックするだけです
SnapShot(5)

★参考までに
上で説明している、「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」に、
チェックを入れて、回復ドライブを作成した場合は、
「Reconstruct.WIM」が作成されます。作成時間が約1時間ぐらいかかりました
パソコンの性能によっては、個体差があるので、それより速い場合もあります
※ただし、チェックを付けずに、無効のままだと、すぐに完了します
通常は、チェックを入れて、有効にするほうが、最良だと思います

下図はその、チェックを入れて、作成USBメモリの中身を開いたとこです
回復ドライブの「sources」フォルダの中にReconstruct.WIMが作成されます
この1つのファイルだけで、約4GBになります

usb_re01

7)パソコンが、USBメモリを回復ドライブに使用できるか確認している画面が表示されます
ここは、パソコンの環境や性能によっては、時間がかかる場合もあります

SnapShot(6)
8)USBメモリカードが利用可能と表示されるので、「次へ」をクリックします。黄矢印
SnapShot(7)

9)さらに、そのUSBメモリ内のデータが削除されるので、確認画面が表示されます
削除されて困るのは、前もって、別メディアなどに、バックアップしておきます

SnapShot(9)

10)すぐに、回復ドライブの作成が開始されます、ここからは、それなりに、
時間がかかると思います。
使用しているUSBメモリの容量や速度性能によっては、大きく変わります

SnapShot(10)

11)回復ドライブの作業が終わると、
「回復ドライブの準備ができました」ボタンが表示されますので、
そのまま、「完了」ボタンをクリックして、画面を閉じます。赤矢印

SnapShot(11)

これで、Windows10でのUSB回復ドライブを作成は完了です
いざというときに使用する物なので、他のUSBメモリと区別して保管しておけば、問題ありません

スポンサーリンク

シェアする

フォローする