初心者向け動画編集のDirector Suite 6(写真編集・音声編集・色編集)


初めての動画編集を、始めるか方に初心者向けの動画編集ソフトを
簡単に解説したいと思います

動画編集ソフトは、多数あるのですが、その中でも、初心者でも簡単なものから、
複雑な高度なもので、作成できる
サイバーリンク社Director Suite 6がお得です

読み方としては、下記です

Director Suite 6(ディレクタースイート 6)

■今年、2017年9月に、新発売された、Director Suite 6について簡単に解説しみます

まず、初めての方にも、分かるように内容を紹介してみます

サイバーリンク社のDirector Suite 6とは

初心者向けの、動画編集ソフトと、写真編集ソフトと、音声編集ソフトと、

映像用色編集ソフトの、4つの単体製品がセットになった、商品ソフトです

4つのソフトがセットになっているので、単体で1個づつ同じものを揃えるよりは
当然ながら、価格帯が安くなっています

お得な4つのセット製品
●動画編集と写真編集と音声編集と映像用色編集ソフト

Director Suite 6の製品内容以下

■PowerDirector 16(動画編集ソフト)
■PhotoDirector 9 (写真編集ソフト)
■ColorDirector 6    (映像用色編集ソフト)
■AudioDirector 8     (音声編集ソフト)

※※※過去記事では
Director Suite 5についても紹介していますので参考にしてみてください

■重要

また、動画編集だけのソフトが欲しい場合は、単体のPowerDirector 16があります

PowerDirector 16 Ultimate 【WEB 限定版】には、
追加エフェクト&テンプレートの特典が付いています

サイバーリンク

※補足

通常のPowerDirector 16 Ultra(ウルトラ)は、動画編集をするには、基本機能は、
同じですが、Ultimate(アルティメット)などに付属する特典はありません

その分、動画編集ソフトなかでは、価格が一番安くなっています

本当に、まったくの初めての動画編集を今から、はじめるには、下記の
単体販売のPowerDirector 16 Ultra(ウルトラ)が最良かなと思います

PowerDirector 16 の製品比較
icon

Director Suite 6につてい

●まず、Director Suite 6は、ダウンロード販売のみになっています

その、サイズ(容量)は、約6GBほどあります

そのため、回線の状況によっては、ダウンロードに時間かかる場合もあります
※光回線でも、時間帯やパソコン環境やによっては、相応に時間は変わってきます

※参考までに
私の光回線の環境で、夜の10時前後だったので、1時間前後はかかりました

ダウンロードしたあとは、保存した場所に、7個のファイルがあります、下図
●一番上にある、「part1.exe」をクリックすれば、展開(解凍)がはじまり
インストール画面が表示されるまで、まちます

インストール画面が表示されたら、あとは、画面の指示に従っていくだけです

■詳しい解説は、過去記事で解説しています、Director Suite 5もDirector Suite 6も
インストールのやり方は、まったく同じですので下記参考に

Director Suite 5 (ディレクタースイート5) のインストールと初期設定

■インストールが完了すると、下図のような画面になります

上のリンク内容でも説明しているように、Director Suite 6を
購入したあとは、必ずアクティブ化しないと、正常に使用できません

ですので、必ず、PowerDirector16を起動してアクティブ化してくだし
アクティブ化できるのは、PowerDirector16のみです

赤矢印で示しているのが、PowerDirector16です、
この画面は、最上位版のDirector Suite 6なので、画面のように、6個のアイコンがあります
4つは、先に説明しように、

■PowerDirector 16(動画編集ソフト)
■PhotoDirector 9 (写真編集ソフト)
■AudioDirector 8     (音声編集ソフト)
■ColorDirector 6    (映像用色編集ソフト)

メインのソフトですが、残り2つのアイコンは、スクリーンレコーダーと、
wave編集ソフトです、この2つは、単体のPowerDirector 16を購入しても、
付属しているまものです

スクリーンレコーダーについては、過去記事でも、詳しく説明していますので、
そちらを参考にしてください
デスクトップ画面の操作を録画するのに役立つソフトです

WAVW編集ソフトは、音声を簡易的に編集できるソフトです
AudioDirector 8 は、本格的に編集できるソフトです

4つの製品を正常に起動するか確認してみます

PowerDirector 16(動画編集ソフト)

下図のアイコンが、PowerDirector 16です、これをクリックします

下図画面が開くので、タイムラインモードをクリックします

すると正常に、PowerDirector16が起動しました
過去バージョンでは、フル機能エディッタと呼んでたものが、
タイムラインモードになったようです

PhotoDirector 9 (写真編集ソフト)

下図のアイコンがPhotoDirector 9です

● PowerDirector16からでも、この画面は開くことができます、連動して操作可能です

AudioDirector 8  (音声編集ソフト)

下図のアイコンが>AudioDirector 8です

●何もない状態ですが、それは、まだ、何も入れてないからです
PowerDirector16からでも、この画面は開くことができます、連動して操作可能です

ColorDirector 6    (映像用色編集ソフト)

下図のアイコンが、ColorDirector 6 です

●こtらも、何も音声データが入ってないので、何もない状態で開きます
PowerDirector16からでも、この画面は開くことができます、連動して操作可能です

この4つの単体ソフトが正常に起動できることを確認できました

まずは、ソフトが正常に動作しないと、何もできないので、これを確認するこが大事です

もし、不具合がでるようなら、サポートに連絡して、解決すrのが最良だと思います

また、PowerDirector16に関しては、専用のサイトで、解説しています

※ただ、今は準備中です

PowerDirector16の使い方入門

自分のパソコンで正常に動くか、確認するために、PowerDirector16の
無料体験版がありますので、そちらを先に試してからでもよいかと思います

30日間の無料体験版

ただし、当然なら、無料体験版と有料版では、大きな違いがあります
無料体験版は、あくまでも、動作確認するためなので、機能制限が付いていますので、
使用できない機能や、30日のみ使用できるようになっています

スポンサーリンク

シェアする

フォローする