windows10でDVDやブルーレイ再生するには?


Windows10でDVD再生やブルーレイ再生するためには、必ず
再生用ソフトが必要になります

これは、windows8/8.1と同じ状況になりますので、有料ソフトでも、無料ソフトでも
どちらかを用意しなくては、DVDもBlu-Rayも再生できません。

★★★★★超重要なこと以下
ただし、DVDやBlu-RayにCPRMやAACSが施された、プロテクトディスクは
正規のライセンス料を払っている、有料ソフトでしか再生は基本的にはできません。

特に、市販のブルーレイディスクやレンタル店で借りたBlu-Rayには、
必ずAACSの著作権保護技術(プロテクト)が施されていますので、
それらを再生するためには、PowerDVD 16 Ultraが最良です

[新発売】PowerDVD 16 9年連続国内シェアNo.1動画再生ソフトウェア
PowerDVD 16 Ultraなら、Windows10対応ですし、
CPRM対応のDVD、AACS対応のBlu-ray再生ができます

映画やテレビでダビングディスク等、その他BDMV 再生も再生可能です
※Windows10対応のアップデートパッチが公開されています
CyberLink Windows® 10 サポート情報

■無料ソフトでは、基本的に、著作権保護が施された、プロテクトディスクを、
再生することは、できませんが、自作のDVDやBlu-Rayは、通常は、
プロテクトが無いので、再生できます。

※※※重要補足
しかし、誤解の内容に初心者さん向けに説明します。
Windows10にアップグレードする前に、Windows8.1などで、DVDやブルーレイが、
パソコンで視聴できていた状態で、WIN10に上書きアップグレードされた場合は、
基本的には、そのままWindows10になっても、元の再生ソフトが有効なので、
再生できるはずです。
この場合は、無料ソフトも有料ソフトも、新たに必要ありません。
■その他にも、Windows10ではマイクロソフト社から、ストアアプリの、
「Windows 10 DVD Playerアプリ」が購入できるようになっています
Microsoftが提供して、価格も1500円前後ぐらいです
※ただし、注意点があります、このソフトは名前からわるように、
DVD再生(DVD-VIDEO)のみができます
そのため、ブルーレイ再生には対応してないのが注意点です

★★★重要必読 ストアアプリで購入する場合は以下に注意です
■通常のローカルアカウントのままでは、ストアアプリが、インストールできません。

●その場合は、ローカルアカウントをMicrosoftアカウントへ切り替る方法

●または、ローカルアカウントをMicrosoftアカウントを関連付ける

などの操作が必要になります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする