Windows10にLibreOffice 5をインストールしてみる


無料のofficeといえば、LibreOfficeですが、最新のバージョン5になっています
Windows10で動作確認のため、LibreOffice5をダウンロードして、
インストールしてみました。

有料のMicrosoft社のOffice2013やOffice2013などは、一般的な企業などは。
使用されていることが多いのです、ただ、非常に価格が高いのが、難点です

そこで、無料OfficeのLibreOfficeなるものがあります
LibreOfficeには、マイクロソフト製と同じように、ワード、エクセル、Draw他、
パワーポイントとアクセスと、似た形式のソフトが無料で使用できます

※、ただし、一応互換性はありますが、完全互換では、ないので、複雑なマクロなどは
動作しないと思います、基本的な部分では、使用できます

◆WINDOWS10から、パソコンをはじめる初心者の方にもわかりやすく、また
ダウンロードからインストールまでの手順を動画にもしていますので、そちらも参考に
Windows10にLibreOffice 5をダウンロードしてインストール手順

★★★初心者向けに補足、重要なこと
Windows8.1のときに、すでにLibreOffice4を使用していた状態で、
そのままWindows10にアップグレードした場合は、そのままLibreOfficeは
正常に動作すると思います。(実際に私の環境では問題なく動作しています)

■初心者向けWindows10に、LibreOfficeバージョン5をインストールする方法

操作1 LibreOfficeの公式サイトからダウンロードをクリックします
最新のLibreOfficeダウンロード
600
リンク先をクリックすると、上の図のようなページが開きます。赤矢印
操作2 ダウンロードボタンをクリックすると、またページが開いて、
その一番下あたりに、「保存」するボタンが表示されるので、クリックです601
保存場所は、ダウンロードフォルダが規定値になっています

操作3 ダウンロードしたファイルをダブルクリックします
201
操作4 インストールの画面が表示されますので、「次へ」をクリック
292
操作5 次の標準かカスタム画面では、初心者の方は、「標準」を選択して
下の「次へ」をクリックです
203
操作6 さらに次の画面も、「デスクトップにショートカットを作成」に、
チェックだけにして、「次へ」をクリックです
204
そうすると、LibreOffice5のインストールが始まります。
このあたりは、パソコンの性能や環境によっては、時間は変わりますので、
終わるまで待ちます
205
操作7 最後に、インストールが終わると、完了画面が表示されます、
下の「完了」をクリックです
206
これで、Windows10にLibreOffice 5が正常にインストールできました

◆最後に、このブログ内でも、LibreOfficeのDrawを使用して
図形描画を作成しています、参考までに。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする