Windows Defenderの使い方windows10編


Windows Defenderの使い方を初心者さん向けに解説してます

Windows10のWindows Defenderは、ウイルス対策になっています
ですので、一応そのまま、使用しても、問題ないですが、より検出精度が高い、
メーカー製のセキュリティソフトのほうが、最良かもしれません。

メーカー製でも、無料でしっかりした製品もあります
私の環境では、Windows10でAVG AntiVirus Freeを使用してます

★★★参考までに、私のパソコン環境での検出結果の一例として
セキュリティソフトの比較とまでは、言えませんが、
ImgBurnに付随するマルウェアをWindows Defenderが検出できるか試してみました
●結果は、Windows Defenderでは、検出は無理でした。
★このあたりの内容は、詳しくは別記事に書いています

1) まずは、Windows Defenderを起動します
スタートメニューをクリックして、「全てのメニュー」をクリックです

Defender_100

2)表示された「w」メニューから、windowsシステムツールをクリックして、
さらに「Windows Defender」をクリックします

Defender_101

3) Windows Defenderが表示されたら、まず先に、やることは、
上のタブから、「更新」をクリックして、赤枠
表示された、右側の「定義の更新」をクリックします

Defender_102

4)すぐに、定義ファイルrのダウンロード始まりますので、待ちます
この画面では、当然ながら、インターネット接続されてないと、更新できません

Defender_103

5) 更新が終わって、最新になっていれば、OKです。赤枠

Defender_104

6)次に、パソコン全体のスキャンを開始します
上のタブから、「ホーム」を選択して、緑丸
表示された、右側の「スキャンのオプション」の「フル」を選択して、赤枠
下の「今すぐスキャン」をクリックします、
◆今回は、最初の1回目なので、「フル」にしましたが、状況に応じて
ここは「クイック」か「カスタム」にしても、いいと思います
※カスタムは、ドライブ単位で検査できます

Defender_106

7)パソコンのスキャンが開始されるので、終わるまでまちます
※これには、pc環境により、数十分程度から数時間ぐらいかかります
一度だけは、フルでスキャンしたほうが、全て調べるので安心です

Defender_107

8) 作業が終了すると、一番が緑色バーで、「PCの状態:保護」と表示され、
さらに、「お使いのPCは監視され保護されています」表示されます

Defender_108

この状態なら、正常にWindows Defenderが動作しています。
◆補足
ウイルスの定義ファイル更新は、自動で更新されるようになっています
但し、既定値のままだと、設定が夜中の「2:00」になっています

ウイルスが検出された場合の削除の仕方

1) タブにある、「履歴」をクリックして、下にある、
「詳細の表示」をクリックします、赤矢印

Defender_200

2) すると、隔離した、ウイルスが表示されるので、それを選択して、赤丸
「削除」をクリックします、もしくは、「全て削除」です

Defender_201

※補足、この例では、画面には、ウイルスは検出されていませんので、
赤丸の中は、何も表示されません、したがって、下の3つのボタンが、
選択できないグレー表示になっています

スポンサーリンク

シェアする

フォローする