Windows10でBDMVに対応したBurnAware Freeの使い方


BurnAware Freeでブルーレイディスクの作成のやり方

Blu-Rayディスクとは、BDMV形式かBDAV形式のディスク作成になります
BurnAware FreeでBDMV(BD-VIDEO)フォーマットでのディスク作成ができます

■BDMV作成の仕方は、先にオーサリングした、「BDMVフォルダ」か、もしくは、
オーサリングした「BDMV形式のISO」を準備して、そのファイルを焼くのです
それなので、はっきり言って、2度手間ですが、無料ソフトなので割り切るしかないです
BurnAware Freeで家庭用レコーダーで再生して、
テレビで視聴できるブルーレイやDVDを作るには、
別途、オーサリングソフトでオーサリング作業が必要になります。

また、BurnAware FreeでAVCHDをBlu-rayに焼くのも、同じことです

有用ソフトなら、そのようなことが無く、そのソフト1本で、全部できます
オーサリングとライティングの機能が一連の作業として完結できます

●オーサリングに特化したソフトですがライティングもできます
PowerProducer 6icon

●動画編集ができ、さらにオーサリングとライティングもできます
PowerDirector 14 Ultra (パワーディレクター 14 ウルトラ)

●ライティングソフトですが、DVDのオーサリングのみできます
音楽CDのコピーやCDリッピングでmp3、FLA、wav、その他できます

iconPower2Go 10 Platinum
icon

※※※重要

BurnAware Freeは、あくまでライティングソフトです
BurnAware Freeに、オーサリングの機能はありません
●DVD-VIDEO形式を作成する場合は、オーサリングして
先に「VIDEO_TS」フォルダを作成してから フォルダを書き込みます
●Blu-RayディスクのBDMV作成(BD-VIDEO形式)の場合も
先にオーサリングソフトてAVCHDフォルダを作っておく必要があります

★初心者さんに補足説明すると
オーサリングとは、DVDならDvd-Video形式で、TVで見れます
Blu-RayならBDMV形式でTVで見れます。
このような形式に変換することをオーサリングと呼びます
※BurnAware Freeの画面には、DVDとBlu-Rayのアイコン表示があって、
できるように見えますが、あれは、あくまでも、
オーサリングしたデータを読み込んで書き込みできますと言う、意味です。赤枠と青枠
001

ですので、オーサリングするには別ソフトが必要です、
つまり、BurnAware FreeでTVで視聴できるDVDディスクやBlu-Rayディスクを
作成するには、2つのソフトが必要になります
★ただし、ただのデータとして、DVDやBDに書き込みだけなら、BurnAware Freeのみで、
作成できます(mp4をデータとして保存する)

ソフト1つで、オーサリングとライティング機能で作成した記事は以下

テレビで見れるDVDとブルーレイの焼き方を説明してます下記

下のリンクは一覧が表示されます
動画をTVで見れるDVDの焼き方または動画をTVで見れるブルーレイの焼き方

初心者さん必読、オーサリングとライティングの違いは下記

このオーサリングとライティングの詳しい説明を初心者さん向けの以下参考に
動画編集ソフト有料と無料はじめての選び方

スポンサーリンク

シェアする

フォローする