windows10のLiveメールで写真を送れる枚数は?


A: Liveメールで写真を送る方法を簡単に説明します
windows10のLiveメール2012も、windows8のliveメール2012も、同じです
liveメール2012(ライブメール)に自体には、枚数の制限はありません。

制限があるのは、プロバイダのメール送信容量です、メール送信容量は、
各プロバイダによって違います。
あくまでも、目安ですが、どこのプロバイダも、目安としては、10から20Mぐらいです
正確な数字は、契約しているプロバイダのホームページで確認できます
※重要、その数字は、メールで送信できる全体サイズです。

■実際に、上の数字で、送れるサイズを計算すると、
最近のデジカメは、1枚のサイズが4MB-6MBは、あります
そのままだと、添付できる写真は1枚が限界です、それ以上を送ると、
メールが送れませんと、エラーが返ってきます

メール送信容量制限が10Mだとしても、添付ファイルとして添付できる容量は、
その6割から7割になります、なぜなら、添付ファイルは、
メールの仕組みにおいて、技術的な部分でBase64という方式でメールがエンコードされます
その時に、添付ファイルは、約1.3倍から1.4倍ぐらいに膨れます
そのため、制限数の半分以下に収めるのが無難です

解決策1、メールに添付する写真を小さくする

メールを使用して、写真をどうしても、送りたい場合は、
画像編集ソフトで、写真のサイズを変更して、1枚のサイズを小さくすれば、
数十枚は送信できるはずです。

●windowsに標準で付属するペイントを使用すれば、サイズを変更できます
●また、画像編集ソフトには、完全無料ソフトのGIMPがあります、
GIMP(ギンプ)は、写真などの編集加工にも、有料ソフトにも、負けないほどの
高機能で写真編集などにも適しています

解決策2 写真の共有サービスを利用する方法

カメラで撮影した、そのままの高画質を送りたい場合は、
最近の写真はサイズが、大きいので、無料で送れる、
写真の共有サービスやストレージサービスを利用するのが、一番簡単で安心な方法です。
下記サイトなら、無料でサイズが大きいままで、送れます
宅ふぁいる便(https://www.filesend.to/)
データ便(https://www.datadeliver.net/)

■その他にも、有料と無料の、写真の共有サービスを利用する方法もあります。
●Yahoo!ボックス
●Google Drive
●Dropbox
●OneDrive

解決策3 CD-DVDやUSBメモリーなど記録メディアに保存して渡す

但し、パソコンで、記録メディアに保存するには、その作業が必要になります
メディアは、CD-RかDVD-Rが安くて、購入しやすいと思います
USBメモリも最近は安くなっていますが、そのUSBメモリを渡して、また返してもらう必要があるので、多少手間がかかります。
CDかDVDに焼いて、そのまま、メディアをあげるほうが、簡単です

★重要、ここで間違えて、誤解しないようにですが、
メール送信時の容量で、あって、メールを受信できる容量ではありません。
メール受信容量(メールボックス)は、プロバイダによっては、別途追加料金を払えば、
メールボックスの容量サイズを増やすことができます

スポンサーリンク

シェアする

フォローする