wmvをブルーレイに焼いてテレビでみるには?


A: 拡張子WMVも、mp4やmtsと同じで、オーサリングソフトを使用すれば、
簡単にテレビで見れるBlu-Rayディスクが作成できます

ムービーメーカーで作成したwmvを家庭用BDレコーダーで再生してテレビでみる方法は、
オーサリングソフトを使用して、BDMV形式にして、blu-rayメディアに焼くだけです
(※再生のみできる、家庭用BDプレイヤーも、同じです)

初心者さんには、操作が簡単なPowerProducer 6が最良です
オーサリングソフトに特化してソフトです
BDAVやBDMVに対応し、Dvd-Video形式も作成できます
PowerProducer 6

実際の、ムービーメーカーで作成したwmvやmp4のオーサリングのやり方は、
このブログ内の記事で、たくさん解説していますので、そちらを参考にしてください
また、記事によっては、ブログ記事と、動画でも手順を説明しています

■また、初心者さんが、ムービーメーカーの保存で失敗する原因がWlmpです
拡張子wlmpは、動画ファイル本体ではありません。
wlmpはプロジェクトファイルですので、ムーB-メーカーで作成した動画を、
wlmpで保存して、動画が出力されたと勘違いされる方が非常に多いです

wlmpをDVDメディアや、wlmpをblu-rayメディアに焼いても、
テレビで再生することは、100%できません。

★正しくは、オーサリングソフトを使用して、規格に合った形式でメディアに焼くことです

■もう少し、初心者に向けに補足すると、
パソコンの中に保存してある、拡張子WMVやmp4などの動画は、基本的に、
オーサリングソフトを使用すれば、テレビでみれる形式に変換して、
DVDメディアやBDメディアに書き込んでくれます。

※ここで、注意が必要ですが、無料のオーサリングソフトもありますが、
無料でブルーレイ形式が作成できるmultiAVCHDがありますが、
動画編集やオーサリングが初めての初心者さんには、大変難しいいと思います

■multiAVCHDでのブルーレイ作成の解説もこのブログ内で詳しく説明しています

スポンサーリンク

シェアする

フォローする