Windows8.1にWindows10をクリーンインストール第3回目


Windows10でUSB起動から新規インストール方法です
(無償版Windows10をUSBからクリーンインストール方法)

この記事は、初心者の方には、とても役に立つ内容とおもいます

★ここでは、無償版のWindows10での説明です。
実は、無料でアップグレードできるWindows10でも、上書きアップグレード以外にも
新規にクリーンインストールが、できるのです。

★★★また、動画で操作方法とインストール画面をYouTubeにアップしています
Windows8.1に無償版USBを作成してWindows10を新規インストールのやり方

(Windows10をクリーンインストール)
略語(windows10 iso usb・windows10 アップグレード usb・win10 usbなど)

◆あと、この記事に使用している静止画は、その動画から出力して、
写真画像にしているので 少し画質が落ちているので、理解してください。
※補足
PowerDirector13で動画編集して静止画像を出力しています
最新のPowerDirector 14 Ultra でもicon簡単に同じ機能がクリック1回でできます

※ます、前回の内容ですが、
前回の記事で、手動でWindows10アップグレードのインストールツールを使用して、
ISOにしてDVDに焼いて作成した状態のDVDでWin8.1をWindows10に、
上書きするやり方でした

◆◆◆今回の記事内容は
Windows10正式版にアップグレードするためのメディ作成ツールを使用して
USBドライブにWindows10を保存して、USB起動をして(USBブート)から
Windows8.1に新規Windows10をインストールします

★マイクロソフト社の「Windows 10のダウンロード」というページで公開
ISOとUSBの作成方法は前の第1回目と第2回目の記事を読んでください
先にインストールツールを使用してWindows10のUSBドライブを作成しておきます

この方法だと、Windows8.1のOSをフォーマットして、
パソコンに純粋なWindows10のOSをインストールして余計なものが入っていない
とてもきれいな状態のWindows10が出来上がります

★★★★★初心者さん向けに説明
超重要、絶対必読、本当に読まないと非常に重要なことです
この記事のやり方は、無償版Windows10正式版のOSを使用していること
つまり2015年7月29日から2016年7月29日までは、無料アップグレードできる
OSのことです

■そして、このOSを使用して、新規にクリーンインストールする場合は
必ず先に、一度上書きインストールを済ませた状態でやることが重要です
つまり、一度そのパソコンをwindows10のライセンス認証を正式に、
Microsoftから認証できた状態にすることが必要です

※※※※※打消し線で書いた部分が、大きく変更になりました以下
2015年11月の「Windows 10」の初めてのメジャーアップデートで、
Windows10をクリーンインストールする際は、事前に、認証する必要はありません

※※※11月のアップデートについて、
この正式名称は「November Update」で、開発コード名は「Threshold 2」と呼ばれる
また、その呼び名を簡単に、「Build 10586」や
他の呼び名に、2015年11月にちなんで「Version 1511」と呼ばれる場合もあり

このNovember Update、TH2、10586、1511は、みな同じ意味になります
そして、このバージョンのISOやUSBなどからインストールする際は、
今までの、プロダクトキーがそのまま、使用できるようになりました

◆◆◆◆◆さらに、もう1つ、重要なこと、
●完全なクリーンのWindows10のOSだけしか、
入ってないパソコンが出来上がりますが、初心者さんは超注意があります
それは、そのパソコンがWindows8.1に動作していた、アプリケーションソフトは
ずべて当然消えてなくなっています。
Win8.1のときに、ネットから有料でダウンロードしたソフトは、注意が必要です
(ゲームソフトやビジネスソフトなど)
●まだ、周辺機器をつないでいた場合は、その機器がWindows10ではドライバーが
必要になるかもしれません。

Windows8.1から上書きでWindows10をインストールした場合とは、多少異なることを
十分に理解して、必要なドライバーや、必要なソフトは、揃えておくことが重要です

無償版のWindows 10をUSBでクリーンインストールする方法

操作1 まず、このノートパソコンがWindows8.1であることを確認します
※補足、この記事の説明のために、一度Windows10から、
Windows8.1にUSB回復ドライブを使用して戻しています
0001

操作2 メディア作成ツールで作成した、Windows10 USBメモリを
パソコンに、挿入しておきます.
※※※補足、
「メディア作成ツール」を使用してWindows 10インストール用のUSBメモリを作成
このやり方は、アップグレードの第1回目にて作成方法を説明しています
今回使用したUSBメモリは以下
BUFFALO USB3.0対応 USBメモリ バリューモデル 16GB ブルー RUF3-K16GA-BL
0001(0)

操作3 そして、一度パソコンの電源を切ります
電源を切ったら、USBドライブから起動するように、BIOSを変更するので、
電源を入れます
0001(1)

操作4 電源と同時に、このパソコンでは、「F2」キーを押して、
BISOを起動した状態で、「BOOT」項目を選択した状態です。矢印
既定値では、起動方法が「windows Boot Manage・・・」になっています。赤枠
ここをパソコンに挿入したUSBメーカーに変更します
※BIOSの起動方法は、メーカーによって違いますので、取説で確認してください
0001(2)

操作5 エンターキーを押して、画面が表示されるので、
キーボードの上下矢印キーでUSBドライブを選択して、エンターキーで確定します
0001(3)

操作6 するとBOOT項目の一番上に、USBドライブが確定されています。赤矢印
この例では、BUFFALO製のusb3.0です
0001(26)

操作7 次に、一番上の項目を、「SAVE&EXIT」に移動して、
エンターキーを押します、保存して再起動の画面が表示されるので、
そのまま、「YES」が選択された状態で、エンターキーを押します
0001(6)

操作8 すると、再起動をして、USBドライブから起動して、
Windows10のインストール画面が表示されます。
画面に表示された項目を確認します、通常は既定値で問題ないはずですが、
パソコンによっては、違っているかもなので、以下を適切に設定して、
「次へ」をクリックです
●インストールする言語
●時刻と通貨の形式
●キーボードまたは入力方式
●キーボードの種類
0001(7)

操作9 Windows10インストールの確認表示が出るので、
「今すぐインストール」をクリックです
0001(8)

操作10 セットアップしていますのメッセージが表示され、さらに
「Windowsのライセンス認証を行うためのプロダクトキーを入力してください」と
表示されます。
ここは、下にある「スキップ」をクリックします。赤矢印
●補足
非常に重要なので、初心さんのために説明します
この画面こそが、新規インストールするときの重要なポイントになります
上書きアップグレードしたWindows10のプロダクトキーを書き留めておいても
それを入力しても、できます
しかし、上書きで一度オンラインで、認証ができているなら、その必要もありません
プロダクトキーの入力ミスを防ぐためにも、スキップのほうが簡単です

操作11 ソフトウエアの規約が表示されます、簡単に一読して、
「同意する」にチェックを入れ、「次へ」をクリックです
0001(10)

操作12 次の画面では、下段の。赤枠で囲った
「カスタムWindowsのみをインストール」を選択して、「次へ」をクリックです
0001(11)

操作13 次の、「Windowsのインストール場所」では、
単に「Windows」と表示されているものを選択します、赤矢印
(自動で選択されているはずです)
●さらに、選択できた状態で、下のフォーマットをしてもOKです
できたら、「次へ」をクリック
0001(12)

操作14 次に、注意書きが表示されますが、ここは、読んで「OK」をクリック
9000

操作15 Windowsインストールが始まります
ここからは、少し時間がかかりますが、待ちます
0001(14)

進んだ状態です、終わった項目は、緑のチェックが付きます
0001(15)

操作16 再起動画面が表示されます、下のすぐに再起動をさせてもOKです。
再起動から次の画面が表示されるまで、結構時間かかります
パソコンの性能によります
0001(16)

操作17 再起動するとプロダクトキーの入力が求められますが、
ここも、左にある、「後で」をクリックします。赤枠
0001(18)

操作18 次に、無線接続画面が表示されていますが、
これはノートパソコンで無線機能があるからです
ここでも、インストール優先のために、無線設定は無視して、先に進めます。
「この設定をスキップ」をクリックです。赤枠
※ここで、設定しても問題はないです
0001(19)

操作19 次の「すぐに使い始めることができます」画面では、
「簡単設定を使う」をクリックです。赤矢印
0001(20)

操作20 このPC用のアカウント画面では、項目すべてに、
必要な入力をして、「次へ」をクリックです
0001(21)

操作21 画面が進んでいきます
この、しばらくと最後の処理は、それなりに時間がかかります
0001(22) 0001(23)

操作22 さあ始めよう画面が表示されたら、もうほぼ終わりです

0001(24)
そして、真っ新なWindows10の画面が表示されました。
画面には、ごみ箱しかありません。これがクリーンな状態です
0001(28)

操作23 システム情報で確認できます、
これで無地インストールされたのが確認できました。
9099
■この状態では、無線機能を設定してないので、無線を設定すれば、
自動で、オンライン認証されます、何もする必要はありません
※誤解の内容ように、あくまでも、無償版アップグレードで新規インストトールした
状態での意味です。

※※※Windows10 ISOを作成してやるやり方も、ここのWindows10をUSBにしたのと
同じになります
Windows10をISOでDVDメディアに焼いて起動するか、USBにWindows10を保存して
起動するかの違いですので、セットアップ画面は同じなります

スポンサーリンク

シェアする

フォローする