ブルーレイに動画を焼くやり方は?

スポンサーリンク

A: パソコンで、動画をブルーレイに書き込むには、やり方としては、2つあります

1)パソコンにある、ファイル拡張子のまま、データとして書き込む方法

パソコンでは再生できます、
これだと動画をBlu-Rayにバックアップした事と同じです
または、blu-rayメディアに保存したこと

2)家庭用レコーダーで再生してテレビでみるために書き込み方法

(家庭用DVDプレイヤーも同じ)
テレビで見るためには、BDMV形式になります(Bd-Video)、
これは、テレビでもパソコンでも視聴できるようになります

これは国際規格で厳格に仕様が決まっていますので、オサーリングソフトを使用して
このBDMV形式でブルーレイメディアを作成する必要があります

1)の意味で、データとして、単にBDメディアに保存するだけなら、
Windows10の標準機能で、簡単にブルーレイに焼くことができます。
詳しいやり方は過去記事を参照してください

 

2)の意味で、BDMV形式として、Blu-Rayに焼くには、オサーリングして、
出力した、AVCHDフォルダか、もしくは、ISOイメージをライティングするだけです

この時に使用するソフトには、有料と無料がありますが、
ブルーレイで無料オサーリングができるのは、multiAVCHDだけです

作成するときに、無料ソフトのmultiAVCHDは、オーサリングはできますが、
ライティングはできませんので、ImgBurnが必要になります

※無料のライティングソフトなら、ImgBurnかBurnAware Freeがあります
無料ソフトの場合は、オーサリング作業とライティング作業の2つが必要で

初心者さんは、この異なる2つのソフトをダウンロードしてインストールすることと、
さらに、英語表示なので日本語にすること、そこから、それぞれのソフトを
操作して作業をこなすのが大変かもしれません

●このあたり、詳しくこのブログ内で詳しく解説してますが、
それでも使用する前の準備段階で初心者さんには、かなり大変で難しいかもしれません

初心者さんは簡単にソフト1本で全て作成できる有料ソフトが最良です

特に、オーサリンやライティングが理解しづらいなら、
有料ソフトを使用すれば、簡単に作業が、そのソフト1本でブルーレイは作成できます

Power2Go 12/DVD、ブルーレイ、BDXLなど多様なディスク作成ソフト

360度VRビデオ編集対応ソフト PowerDirector 17/初心者もかんたん本格ビデオ編集

このあたりも、詳しい説明は、このブログ内の記事で多数説明していますので、
参考にしてください、さらに、動画でも説明しています

このブログの上にあるメニューから、
「オサーリング・ライティング」、「Power2Go 11の使い方」の項目を
クリックすれば、参考ページです