FFFTPの使い方その2(設定編)初心者解説




初心者さん向け、はじめてのffftpの使い方解説(設定編)

前回の記事で、ダウンロードからインストールまでを説明しました、
今回は、その続きで、設定編です

さらに、FFFTPの設定手順を動画でも解説しています
FFFTPの使い方(設定編)初心者解説

ここで初心者さんに解説するために、
実際に私が使用しているヘテムルのレンタルサーバーを例として解説していきます

1)
はじめて、FFFTPを起動すると、最初に、ホスト一覧の設定が表示されます
●ここでは、まだ、何も設定してないので、新規ホストをクリックします、赤矢印

2) ホストの設定画面が表示されるので、レンタルサーバー会社のマニュアルや
もしくは、送付された、書類やメールなどで、下記項目を確認してから設定します

ホストの設定名 (T) 任意で好きな名前で問題ないです
ホスト名 (アドレス)(N) 『FTPアカウントの ホスト名(アドレス) 』を入力します
ユーザ名 (U) FTPアカウントの『 ユーザー名 』を入力します
パスワード/パスフレーズ (P) FTPアカウントの『 パスワード 』を入力します
ローカルの初期フォルダ (L) 既定値のままでもOKですし、任意で変更できます
ローカルとは自分のパソコン側の意味です
ホストの初期フォルダ (R) ここは、基本的には、必ず空白にしておきます

※ここでの、ホストとは、借りているサーバー側という意味です
●ホストの設定名を、この例では、「test001」にしています
●この例では、ローカルの初期フォルダ (L)とホストの初期フォルダ (R)は、
既定値のまま、何も入力していません

3) 次に、レンタルサーバーがヘテムルの場合の設定です
画面の上にある、「暗号化」のタブをクリックします、青丸

※※※重要補足
ここでは、各プロバイダのHPやレンタルサーバー会社によっては、
このあたりの設定は、必要と不必要があるので、
必ず確認してから、作業をすすめることが大事だとおもいます

4)

暗号化の設定では、下図のように、
「FTPS(Explicit)で接続」のみにチェックを入れて、
できたら、下の「OK」をクリックします、赤矢印

5)最初の画面にもどるので、「接続」をクリックします、赤丸

6)接続をクリックすると、下図のような、乱数が表示されます
★これは、ffftpを新規でインストールして初めて設定した時に1回だけ表示されます
それ以降は、表示されません、セキュリティに関係していますのでこれは、
重要なのですが、初心者さんは難しいこと考えずに、そのまま、
キーボードのエンタキーを押してもよろしかと思います

7) 暗号化の状態保持が表示されますので、そのまま、「はい」をクリックです

8)

すると、自分のパソコンと、サーバー側が接続されます

■ffftpでは、正常に接続できると、
◆左側に自分のパソコンのフォルダ内容が表示されます、緑丸
◆右側には、サーバー側のフォルダが表示されます、赤丸

※パスワード等の設定に間違があると、当然エラーがでて、つながりません

9)次に、終了の仕方です

今、サーバー側と接続状態のままなので、このまま終了しはいけません
ftp接続では、まず、切断をしてから、ソフトを終了します
■上のメニューの「接続」をクリックして、表示された中の、「切断」をクリックです
まだ、接続状態なので、下図では、右側にサーバー側のフォルダが表示されています、青丸

10)

切断をクリックしたので、右側のサーバー側の表示が消えています
この状態で、ソフトを終了していきます

上のメニュー「接続」から、今度は、「終了」をクリックです
もしくは、右隅の「x」バツボタンでも、OKです

以上でffftpの最初の設定は完了です
このままでも、サーバーとの接続はできますので、ホームページやブログ更新などに、
使用するには、問題ないのですが、さらに1つだけ、設定したほうが良い項目があります

マスターパスワードの設定

■FFFTPに登録したホスト設定のパスワードを暗号化するためのパスワードが、
マスターパスワードです。マスターパスワードを設定することで、セキュリティが向上します
また、マスターパスワードはFFFTPに憶えさせることはできませんので、自分で覚えます

11)

起動したら、ホスト一覧を「閉じる」ボタンをクリックします

12)

そして、メニューの「接続」をクリックして、表示された中から、
「設定>マスターパスワード」とクリックします

13)マスターパスワードの入力画面が開くので、任意で文字を入力します
最低8文字ですが、現在では8文字はセキュリティ上弱いので、
それ以上の桁にしたほうが良いか気がします
●確認のため、同じ内容を2回入力します

14)、できたら、一度、FFFTPを終了します、
そして、もう一度起動します
今度は、マスターパスワードを求めらるので、入力します

15)
そうすると、通常のホストの一覧画面が表示されます
あとは、通常と同じ使い方です

これで、全ての設定作業は完了です
初心者さん向けに解説してるので、このあたりまで、できれば使用するには問題ないと思います

■最後に、FFFTPはサーバー側と接続するためのソフトですので、基本的には、HPやブログを更新するときに、
使用するものですが、その他にも、違う使う方として、大きなファイルやデータをやり取りすることもできます

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする