簡単にPower2Go11でmp4をDVDに焼いてテレビで見るやり方

スポンサーリンク

ムービーメーカーのmp4をDVDに焼いてテレビでみる

 

簡単にムービーメーカーで作成したmp4をDVDに焼いて、テレビで見るやり方
または、パソコンに保存してあるmp4でも、その他動画形式も操作はまったく同じです
(Power2Go 11はWindows10で動作対象です)

Power2Go 12/DVD、ブルーレイ、BDXLなど多様なディスク作成ソフト

 

ムービーメーカーのmp4保存の仕方は、過去記事で詳しく説明していますので、
やり方がわからない方はそちらを参考にしてください
(ムービーメーカー mp4 dvd)

ムービーメーカーでmp4を保存

 

mp4をDVDに焼く

■素材として、すでにムービーメーカーで作成し保存したmp4を使用います

操作1
まずは、Power2Go11を起動した画面です
表示された画面の左から2番目に、「ビデオディスク」の文字を選択します

 

dvd-video形式を選択

操作2
ビデオディスク作成の画面が表示されるので、
下にある「Dvd-Videoディスク」をクリックします。

※DVDに焼くので、ここは当然Dvd-Video形式になります

 

操作3
次の画面では、左上にある、「追加の動画読み込みボタン」をクリックします
(+とフィルムの形をしたアイコンです)

拡張子mp4を選択

操作4
素材元を選択する画面が表示されるので、mp4を選択します、赤丸
(mp4もWMVも同じです)
そして、右下にある「開く」をクリックします

 

操作5
選択したmp4(動画)が画面に配置されました、赤矢印

※もし間違った場合は、ゴミ箱のアイコンをクリックすれば、削除できます、赤丸
削除してから、また操作くりかえせばokです

メニュー設定

 

操作6
次に、メニュー画面の設定をするので、上のタブから、「メニュー基本設定」を
クリックします。赤枠
クリックすると、メニューのテンプレートが表示されます、黄色丸

※ここでは、自分が気にいったテンプレートを選択することができますが、
それ以外にも、ダウンロードによって、豊富なテンプレートが使用できます
無料テンプレートをダウンロードするためには、ソフト登録しておく必要があります

操作7
この例では、右端にある、筆の絵が描かれたテンプレートを選択してます。赤矢印
それをクリックすると、適用画面が表示されるので、
「すべてのページに適用」をクリックです、緑矢印

タイトル設定

操作8
このテンプレートでは、タイトルのとこを変更できますので、
「大浦岳森林公園の動画」と入力しました。
画面上の「マイタイトル」のあたりをドラッグするば変更できます

また、今の状態を確認するために、下側にある「プレビュー」ボタンをクリックすれば、
実際に確認できます。赤矢印

 

ディスクの基本設定

操作9
書き込み設定を確認するので、メニュータブから、「ディスクの基本設定」をクリックです
●DVDのアイコンで、動画のサイズに合わせて、4.7か8.5を選択します
●テレビ信号方式は、必ず国内なら、「NTSC」を選択します、ここは超重要
●画質の選択は、スマートフィットにしてますが、HQ画質で行ける場合は、そちらでも
●最後に、右下の「書き込み」をクリックします

 

ディスクの最終出力設定

操作10

ディスク書き込みの最終出力が表示されます
ここで、実際のDVDメディアをドライブに挿入しても問題ありませんし、
または、操作1をする前から入れおいても問題はありません
●基本的に、新品のブランクメディアを使用します
ただし、挿入した直後は、
メディアをパソコンが認識するまで、待ちます、数秒ほどです
それを、パソコン側がDVDを認識してないのに操作するとエラーの原因の1つになります

●ボリュームラベルには、DVDの名前を付けます、英数字のみです、青矢印
●ディスク書き込みに、チェックが入ってることを確認します、重要。赤枠
●1枚状のディスクを作成するなら、コピー枚数の数字を変えます、緑枠
●最後に、「書き込む開始」をクリックです

 

操作11
オサーリングと書き込みの作業が開始れましたので、ここからは、何もせずに、
作業が終わるまで待ちます

操作12

作業が終了すると、完了の画面が表示されます、
また、今バージョンからのPower2Go11では、下図の表示されます
ここは、この例では、「OK」をクリックして、終了します、

この機能は、簡単にいえば、あとで、探す手間が簡単になります
作成したDVDやブルーレイの情報をパソコンに保存して、サムネイルで表示するみたいです
たくさん、作成して整理に困っているひとは、いいかもしれません

これで、全ての作業は完了しているので、あとは、DVDを家庭用ブルーレイレコーダー、
もしくは、家庭用DVDプレイヤーなどに入れれば、テレビで視聴できます
★また、BDMVとAVCHDについては別記事で解説しています

DVD/BDMV/AVCHD形式のオーサリング機能でテレビで見れるディスク作成

公式サイトで Power2Go の詳細を見る