Power2Go 13の使い方 100GBのBDメディアにデータ保存

スポンサーリンク

ブルーレイに書き込み(BD-RE XL) Power2Go 13 第2回

 

Power2Go 13の使い方 第2回
ライティングソフトでの、最初に、cd/dvd/blu-rayの書き込みについて
データファイルの保存、もしくはファイルのバックアップについて解説

※第1回は、動画のみで基本的な項目について解説してます

今回使用するBlu-Rayメディアは、第3層メディアを使用します

第3層ディスクとは、BD-RE XL(100GB)のメディアのことです
詳しくは下記で確認できます

SONY ビデオ用ブルーレイディスク (5枚パック) 日本製 5BNE3VCPS2

第3層メディアには、BD-R XLとBD-RE XLの2種類あります
Rは、1回のみで、REは、書き換えが可能なメディアになります
今回、購入したSONY製品は、2倍速対応になっています

Power2Go 13は、操作が簡単なので初心者さん向け
データ書き込み、ディスクコピー作成、動画変換、音楽編集ができる

公式サイトでPower2Go 13の詳細を見る

この記事内と同じ解説を動画でも説明しています

Power2Go 13の使い方 blu-rayに書き込み(BD-RE XL)

ここでは、ブルーレイに書き込みと表現してますが、別の見方をすれば、
Word、Excel、PowerPointなど資料や書類他、住所録などを、
ブルーレイに保存する、バックアップするのと、同じ意味合いになるかと思います

この例では、外付けハードディスクに保存してある、写真やmp4動画を、
ブルーレイに焼いたので(保存)、バックアップしたとも言えます

3層のBD-RE XLのメディアを確認

まずは、購入したBlu-Rayメディアを確認してから、ドライブ機器に挿入します

下図において、BD-RE XL 100GB 2Xと表示されてます

このブルーレイメディアをドライブ機器に挿入した状態が下図
●空き領域が、90.2GBになっています

Power2Go 13を起動

Power2Go 13が起動したら、上のメニューから、「データディスク」をクリックして
さらに下の「ブルーレイ」をクリックします

次に、エクスプローラから、直接ファイルをドラッグして挿入していきます

ファイル容量を確認

データファイルを挿入すると、下側にある数字バーが使用した分だけ、青くなります
赤色の部分は、容量オーバーになります
保存するデータファイルは、この数字バーで確認できます

セキュリティ保護

blu-rayメディアに、パスワードをかけることもできます
詳細は、過去記事を参考にしてください
※DVDもCDも同じ操作でパスワード保護つきディスク作成ができます

パスワード付きDVDやblu-rayを作成するPower2Go編

BDに書き込む

右下の「次へ」をクリックします

 

設定が表示されます
●ディスク名は、適切な名前を入力
※この時、英数字のみで、分かりやすい名前を入力します

 

書き込み速度の倍速設定

書き込み速度の倍速については、使用するBD-RE XLの倍速表記で決まります
このドライブ機器自体は、Blu-Rayメディアに関しては、6倍速まで対応してますが、
メディア自体が、2倍速なら、書き込みは、2倍速になります

今回、購入したメディアは、2倍速なので、ドライブ機器側も、2倍固定になります

準備できたら、下の「書き込み」をクリックです

BDの書き込み作業が開始されます

 

作業残り時間が、3時間12分と表示されています、
実際には、3時間4分ぐらいでした

BD書き込み作業の完了

下図の画面にて、「OK」をクリックです
ブルーレイディスクが排出されます

排出された、BDディスクを挿入した状態が下図

書き込みが終了したら、ブルーレイディスクをエクスプローラで確認

正常にBlu-Rayディスクが完成しているのが確認できます
今回は、3層ディスクの100GBで説明していますが、操作方法は、
CDでもDVDでもBlu-Rayでも、全部同じ操作で、ファイルをディスクに保存できます