サイバーリンク公式オンラインストア

DVDディスクコピー Power2Go 13の使い方 第6回

スポンサーリンク

Power2Go 13 CDとdvdとBDのコピー方法

 

Power2Go 13の使い方 第6回 ディスクコピーの作成
ディスクコピーとは、
素材元のCD、DVD、blu-rayと全く同じ内容のディスクを作成すること

この作業では、1つの例として、
結婚式場などで視聴する自作DVDを作成した後に、知人や親戚などに配るために
コピーが必要とし場合の自作DVDディスクコピーの方法として説明します

また、音楽CDのディスクコピーについても、操作は同じですが、
使用に関しては、「音楽利用について Q&A集」を参考にしてください

※Power2Go 13では、国内の法律に準じて
著作権保護が施されたDVD、Blu-Rayはディスクコピーできません

動画でも分かりやすく自作DVDコピーを解説してます

DVDのディスクコピー Power2Go 13の使い方 第6回

実際に、動画で連続で2枚DVDディスクコピー作成しているのが確認できます
このあたり、この静止画の記事を読むより、動画の方が分かりやすいと思います

 

Power2Go 13/DVD、ブルーレイ、BDXLなど多様なディスク作成ソフト

公式サイトで Power2Go の詳細を確認

Power2Go 13は、データ書き込み、ディスクコピー作成、動画変換、音楽編集ができ、
さらには、テレビで視聴できるDVDとblu-rayも作成できます

コピー元DVDを確認

まず、ドライブ機器に、コピー元のDVDを挿入しておきます
下図では、「test-sozai」のDVDが確認できます
この状態から自作DVDのディスクコピーを操作していきます

Power2Go 13でDVDディスクコピー作業

Power2Go 13を起動して、下図画面が表示されるので、
上段の「ディスクコピー」をクリックすると、さらに下に項目が表示されます
下段の「ディスクコピー」をクリックします

設定画面

ディスクコピー設定画面が開きます
この画面では、基本的には、設定を変更する必要はありません
今回は、コピー枚数を「2」にしています、赤矢印
できたら、下の「コピー」をクリックします

※例として自作した結婚式場で使用したDVDを親戚などに配るためなら
必要に応じて、配る枚数に設定しておきます
また、基本的に容量に合ったDVD-Rメディアを使用するのが最良です

 

DVDの読み取り

作業が開始され、DVDの読み取りが開始されます
中央のステータスの表示で、現在の状況が確認できます

ディスクの入れ替え

読み取りが終わると、下図のディスクの入れ替えが表示されます
この画面が表示されると同時に、コピー元のDVDが排出されます

ここは、新品のDVD-Rメディアを挿入するだけです、
※挿入すると自動で作業が開始されます

1枚目のDVD挿入

1枚目のDVDコピーが開始されます
●コピー枚数の表示で、現在の状態が確認できます、
1/2になっているので、2枚作成中の1枚目と確認できます
また、ステータスで状態を確認できます「書き込み中」となってます

1枚目が作業が完了すると、下図が表示されます
ここでは、2枚目のDVD-Rメディアを挿入していきます

2枚目のDVD挿入

2枚目のDVDディスクコピーが開始されます
●コピー枚数の表示で、「2/2」になっているのが確認できます

作業完了

2枚目の作業が終わると、完了画面が表示されます
2枚のDVDコピー、全ての作業が完了したので、「OK」をクリックです

「OK」をクリックすると、DVDディスクが排出されて、最初の画面に戻ります
あとは、Power2Go 13の画面を閉じるだけです