サイバーリンク公式オンラインストア

PowerDirector16の使い方 クロマキー合成 第20回 応用編

スポンサーリンク

動いてる人物をクロマキー合成 PowerDirector16

 

ここでは、PowerDirector16でクロマキー合成の方法を説明いきます
また、準備としてColorDirector 6にて、グリーンバック作成した動画を使用します

使用する、素材動画そのものが、グリーンバック作成してない動画では
ColorDirectorを使用して、グリーンバックを作成するのが簡単です
素材動画がすでに、グリーンバック作成したものなら、
PowerDirector単体で、クロマキー合成できます

クロマキー合成に関して動画でも解説しています以下2つ

この記事内容の動画
PowerDirector16の使い方 第20回 クロマキー合成

グリーンバック作成の動画
ColorDirectorの使い方 2日目 グリーンバック 編集

 

PowerDirectorでクロマキー

2つの素材動画を読み込みます
●1つは、読書をする人物動画
●2つめに、ColorDirectorでグリーンバック作成した動画
そして、読書をしてる人物動画をタイムラインの1番目に配置します

※このサンプル動画は、著作権フリーの動画を使用してます

さらに、2番目に、グリーンバック素材を配置ます
この例では、スマホを操作している人物です

pipデザイナー

そのまま、選択状態にして、メニューから「デザイナー」をクリックして、
さらに、「PIPデザイナー」をクリックします
※素材をダブルクリックしても、PIPデザイナーは開きます

クロマキー設定

PIPデザイナーが開いたら、少し下にスクロールして、
「クロマキー合成」にチェックを入れます
チェックを入れると、ペンのアイコンが選択できるので、それをクリックします

ペンをクリックしたまま、プレビュー画面にもっていくと、下図の形になるので、
背景の緑色の場所どこでもいいので、クリックします

すると、グリーンの部分が透過された状態になります
これで、クロマキーの設定は完了です
問題なければ、右下の「OK」をクリックです
※補足
人物の境界部分が馴染まない場合は、右側のスライダー設定を調整できます、赤枠

元の画面に戻ります
完成した動画を再生して確認します

これで、簡単にクロマキー合成の動画が作成できました
あとは、mp4などで出力するか、またはDVDメディアに書き込むだけです

HD・4K対応 ビデオ編集ソフト PowerDirector 17/初心者もかんたん本格ビデオ編集