パソコンでブルーレイが再生できないwindows10

スポンサーリンク

ブルーレイが再生できない原因の対処法

A: ここでは、超初心者さん向けに超簡単に説明します
(パソコン ブルーレイ、パソコン ブルーレイ 再生)

パソコンでブルーレイが再生できない主な原因は、コピーガードのAACSです

●先に簡単な解決方法を言えば、有料ソフトを使用するのが、一番簡単で安心の解決方法です

●その他にも、再生できない原因に、
BDメディアに傷、汚れ等ある場合などもありますが、
ただ、メディアの傷は、見た目でも分かるので、そこで判断できます

※重要補足
Blu-Rayディスクが再生ができるドライブ機器であることが前提です
物理的なドライブ機器が、CDとDVDしか再生できないドライブ機器では、当然できません

■市販のBlu-Rayディスクやレンタルblu-rayディスクには、技術的保護手段(AACS)が、施されています(コピーガード・コピープロテクト)

■また、地上デジタルをレコーダーでBlu-Rayディスクに保存すれば当然、AACSは付随します

DVDやブルーレイを再生するには有料ソフトを使用するのが最良です

公式サイトで確認 PowerDVD 19Ultra

 

再生できないよくあるパターン

よくあるパターンで、地上デジタルを家庭用blu-rayレコーダーでディスクに保存した場合

以下2つのパターンで視聴できない原因があります

1)単純にパソコンにAACSを復号する正規のブルーレイ再生ソフトがない場合

2)数か月前もしくは数年前は、同じパソコンで、同じディスクが再生できたのに
今さきほど、再生しようといたら視聴できない場合は、
それは、再生ソフト側のAACSの更新が切れている場合があります、
その場合は、再生ソフトを更新すればAACSも更新されます

●これは、コピーガードのAACS更新の仕組みによるものです
(AACSの感染とも呼ばれてます)

先に結論を言えば、パソコンで再生する再生ソフト側と
BDドライブのAACSバージョンの差異による結果です
1)映像BDディスク
2)ブルーレイドライブ機器
3)Blu-Ray再生ソフト
この3つのAACSバージョンが同一でないと、Blu-Rayは再生はできません。

 

図解で簡単に説明してみます

aacs_002

■1番左の図)AACSについては、ディスクと再生ソフトとドライブ機器の3つが、
同じAACSのバージョンでないと、正常に再生できないようになっていますので、
このように、3つが同じAACSの数字なので、正常に再生できます

 

■中央の図)、今までブルーレイが再生できたていたが、
急にブルーレイが見れなくなる原因は、
レンタル店や市販のBlu-Rayをドライブ機器に挿入した瞬間に、
その挿入したBDディスクの方が、AACSのバージョンが上だと、AACS更新になります
AACSの数字が自動で更新されてしまいます

 

■右側の図)そして、Blu-Rayディスクとドライブ機器は、同じAACSの数字ですが、
ブルーレイ再生ソフトだけ、まだ、古いAACSのままだと、BDは再生できない現象になります

有料ソフトだと、この時に、自動でAACSのバージョンアップが必要なら更新されます

Windows10でBlu-RayやDVDを再生するには、
何よりもAACSやCPRMに対応しているので、市販のDVDやブルーレイも再生できます
これであれば、メーカー製なので安心して使用できます
> 公式サイトで PowerDVD の詳細を見る