PowerDirector14でフリーのフォントを使用するには?

スポンサーリンク

A:フォントは、OSに入れれば使用できます

PowerDirector14で、フリーフォントを使用したいとのことですが、
初心者さん向けに説明します(PowerDirector13/14/15/16以降どれでも同じです)

PowerDirector16で説明してますが、PowerDirectorのどのバージョンも同じです
また、縦書きのやり方も、下記で説明してます

※PowerDirectorなら、バージョンが上がってもどれも同じです

タイトルを縦書きにする(テキスト文字を縦書き)

下図は、タイトルデザイナーを使用した例です
★このフリーフォントは、「和文セットの M+ FONTS 」です

回答を言えば、PowerDirector14に、フォントを入れる必要はありません。
無料のフォントのインストール先は、Windows10のOSそのもに、インストールします
これが、基本的に正しいやり方になります

そうすると、Windowsで動作している、全てのソフトで、そのフォントが使用できます
これは、基本的に、ペイントやワード・エクセルなどでも同じことです

 

 

■Windows10にインストールされている、フォントの場所は以下です
「コントロールパネル>デスクトップのカスタマイズ>フォント」の中に
全てのフォントがインストールされています。

200

参考までに、窓の杜ライブラリのフォント
ここにも多数ありますが、使用条件を確認してからインストールしてください
無料フォントになっていますが、商用では禁止の場合もあます。

※ただし、無料フォント、有料フォントどちらも、あまり入れすぎると、
パソコンの動作や、そのソフトの起動や動作に、重くなる場合があります