ソースネクスト

Bandicam ゲーム録画モードの使い方

スポンサーリンク

Bandicamの無料と有料版の違い

Bandicamは無料でも使用できる画面録画ができるキャプチャーソフトです
パソコン画面やゲーム画面を録画できる動画キャプチャーソフト
先に、無料版と有料版の大きな2つの違いを説明

無料版 製品版
キャプチャー時間 最大10分まで 時間制限なし (24時間以上)
ウォーターマーク ロゴが入る ロゴ無し

・無料版は、録画時間が10分までで、さらにメーカーのロゴマークが入る
・製品版は、時間制限無しで、ロゴマークも入りません

ゲームの録画をする場合などは、10分だと厳しいかなと思います
ゲーム画面のキャプチャーするなら、製品版を購入した方が安心と安定します
Bandicamの公式サイトで確認

Bandicamでは、
Intel、NVIDIA、AMDのハードウェアアクセラレーション機能に対応しており
また、ビデオコーデックは、H.264/Xvid/MPEG-1/MotionJPEG/YV12/RGB24
その他コーデックも指定可能。
さらに、4K解像度のキャプチャーもサポートしてます

Bandicamのインストールと認証の詳しいやり方は、下記
Bandicam 画面録画ソフトのインストールと設定

Bandicamでゲーム画面録画方法 原神編

ここでは、初心者さん向けに解説するので、ゲーム設定をウインドウモードにします
原神は、フルスクリーンモードでも、ウインドウモードどちらでゲームはできます
また、Bandicamでの録画方法も、
フルスクリーンモードでも、ウインドウモードどちらでも録画できます

Bandicamのゲームモード手順

Bandicamでゲームモードでキャプチャーするためには、
手順としては「先にPCゲーム起動>Bandicam起動>録画ボタンを開始」になります

下図で説明します
この状態で、左上に、60の数字が緑で表示されています
このようにゲーム画面内にて、この数字が表示されていれば、Bandicamが正常に
ゲームを認識できている状態なので、あとはボタンを押せばキャプチャーされます

まずは、ゲームを起動します
当然ですが起動した状態では、左上に数字はありません

次に、Bandicamを起動します
起動したら、ゲームモードのボタンを選択します
この時点では、録画ボタンは、まだ選択できない状態です

次に、ゲーム画面を選択します、マウスでもキーボードでも、どちらでもOK
すると、ゲーム画面の左上に、緑の数字が表示されます
これで、Bandicamがゲームモードで認識できています

この状態で、Bandicamの録画ボタンを押すか、キーボードのF12を押します

左上の数字が、今度は、赤色で60と表示されてます
赤色の数字は、キャプチャーされている状態です
Bandicamの時間表示も秒数が進んでいるのが確認できます

Bandicamのゲームモード設定

Bandicamでは、ゲームモードで録画する際に、詳細に設定することもできます
また、キャプチャーしながら、マイクで音声を録音することもできます

録画中にマイクで音声を入れる

自分の音声を入れるためには、マイクの設定をしておきます
Bandicamのマイクのアイコンをクリックします

次の設定画面にて、マイクの設定方法に2つのやり方があります
ゲーム音声とマイクを別々に設定したい場合は、下図のように設定します
・追加オーディオデバイスの方に、使用しているマイクを選択します、赤矢印
・さらに、その下のチェックボックス2つは、外しておきます

これで、ゲーム音声とマイクの音声は別々のトラックで録音されます
動画編集ソフトで編集する際に、音声が別々なので音量調整が非常に簡単です

また、1つのトラックにマイク音声とゲーム音声をまとめる場合は、
緑枠の方に、使用しているマイクを設定すれば、同時に録音されます

フレームレートの設定を変更する方法

PCゲームにおいて、
ゲームの内容によっては、高フレームレートでゲームをしたい場合もあると思います
そのような場合でも、Bandicamで設定を変更して、144fpsなどの設定もできます

※但し、ハード面が対応してない場合は注意が必要です
Bandicamを起動した画面で、左の「ビデオ」をクリックです

設定画面が開くので、フレームレートをクリックすると、数字が表示されるので、
任意で必要なフレームレートを選択して、「OK」をクリックです

最後に、Bandicamのゲームモードの使い方としては、
画面のフレームレートの数字が緑色か赤色で簡単に判断できます
ゲーム、デスクトップ、Webカメラの録画には、Bandicam