音楽CD作成(CD-DA形式) Power2Go 13の使い方 第4回

スポンサーリンク

自分だけのベストCDを作成(CD-DA形式)

 

Power2Go 13の使い方 第4回では、好きな曲を集めた音楽CD作成です

まず、一般的にお店などで販売されている、
音楽CD(オーディオCD)は、CD-DA形式と呼ばれるものです
この形式であれば、家電製品であるCDプレイヤー等で再生できますし、
また、家庭用DVDプレイヤーやBDレコーダー等でも再生できるものもあります
その他にも、車のカーオーディオなどでも再生できます

CD-DA形式では、作成したCDは必ず拡張子はwavになります


Power2Go 13は、操作が簡単なので初心者さん向け

データ書き込み、ディスクコピー作成、動画変換、音楽編集ができる
テレビで視聴できるDVDとblu-rayも作成できる

公式サイトで Power2Go の詳細を見る

 

また、記事では説明できない部分を動画にて解説してます

音楽CD作成(ベストCD作成)Power2Go 13の使い方 第4回

 

作業前準備

はじめに、準備として下図ですが、
新品のCD-Rメディアを用意して、ドライブ機器に挿入した状態です
この場合、700MBのCD-Rメディアなので、空き領域が702MBになっています

※CD-RWを用意して、データを消去してから、使用するのもありですが、
書き換えができるメディアは、
再生機器によっては、うまく再生できない場合もあります
そのような場合は、CD-Rにするとうまくいく場合もあります

CDのリッピングについて

CDのリッピングのやり方については、
このPower2Go 13の使い方 第7回あたりで、詳しく解説する予定です

今すぐ知りたい方は、Power2Go 11の使い方でも解説してますので、
このブログ内に記事があるので参考にしてくさい

※ここでのリッピングとは、
音楽CDから必要な曲をパソコンに取り込んで保存することです

音楽素材を用意

ベストCDを作成するにあたり、先に、音楽素材を用意しておきます
基本的には、拡張子がWAVを使用するのが妥当かなと思います

※この例では、3枚の異なるCDから、
必要な曲をリッピングして、パソコンに保存した状態です

Power2Go 13の起動

Power2Go 13を起動しから、上段にあるメニューから、
「ミュージックディスク」をクリックして、さらに下段から、
「オーディオCD」をクリックします

オーディオCDの作成画面が開くので、エクスプローラを起動してから、
音楽素材をドラッグアンドドロップで、下側の枠に入れていきます
※この例では、3曲を挿入しています

サイズを時間で確認

3曲が読み込まれると、下側にある、時間のバーが表示されます
この例では、15分ぐらいになっています、青色のバーの部分です
まだ、余裕で空き領域があるので、赤色のバーに達しない程度に調整します
80分を超えると、容量を超えてしまうので、注意です

移動と編集

次に、上のアイコンを説明

●赤枠は、曲の削除と全体削除のボタンです
●緑枠は、曲の順番を上下に入れ替えできます
●青枠は、再生と停止と音量のボタンです
●赤矢印は、 WaveEditoで編集するボタンです
※WaveEditoで編集するよりは、オリジナルの曲のまま使用するのが最良

音量の正規化

次に、右下にあり、「編集」をクリックし、表示された画面から
「CD-TEXTを有効」にチェックを入れます、
さらに下の、「CDの全トラックのボリュームを正規化」にチェックを入れます

さらに、右下の「次へ」をクリックです

設定の確認

オプション画面が表示されますが、
ここでは、何も設定を変える必要はないです
そのまま、「全般」タブをクリックして、倍速なども確認できます
どちらの画面でも、下の「書き込み」をクリックです

音量正規化の開始

音声の正規化が開始されます、終わるまで待ちます

書き込み開始

書き込み作業が開始されますので、ここからは暫く待ちます

作業が完了すると、「作業の完了」画面が表示されるので、
そのまま「OK」をクリックです

作成したベストCDを確認

すぐに、CDが排出されるので、もう一度排出されたCDをドライブ機器に挿入します
作成したCDを読み込むと、下図のように、「AudioCD」になっていれば完成です