AVCHDをDVDに簡単に焼くやり方PowerProducer6で手間いらず


デジタルビデオカメラのAVCHDやデジカメのAVCHDをDVDに焼くやり方


※ビデオカメラ(デジタルカメラ)の拡張子mtsとm2tsと、AVCHDの関係を説明してます

AVCHDとMTSとM2TSの違いを教えて

mtsをオーサリングしてDVDに焼く、m2tsをDVDに焼くも同じ意味です

AVCHDをDVDに簡単に焼くやり方で、初心者でも手間いらずのPowerProducer6
●カメラの動画をBDに焼きTVで見るやり方も、ここで説明しているやり方になります
DVD選択のとこをBlu-Rayに選択すれば、いいだけです。

★また、この記事内容を動画にもして、操作手順をわかりやすく説明もしています
AVCHDをDVDに簡単に焼くやり方

※※※参考補足として
ビデオカメラの場合は、どこのメーカーでも、AVCHDとmp4の両方で、
大抵は録画できる用には、なっていますが、
しかし、デジタルカメラの場合は、各メーカーの価格帯によっては、
mp4だけの録画しかできない場合もありますので、取説を確認してくください

この記事では、オーサリングに特化した専用ソフトのPowerProducer 6を使用します
PowerProducer 6は、さらにBDAVも作成できます
BDAVが作成できるのは、初心者向けソフトでは、このソフトしかありません
誤解が内容に、初心者さんに説明、BDMVとBDAVを間違わないようにです
BDMVが作成できる、オーサリングソフト、もしくは、動画編集ソフトは、多数あります
PowerProducer 6は、BDAVとBDMVと、さらには、DVD-VRの読み込みもできます
PowerProducer 6 Ultra icon
重要補足として、初心者さんは必読です

AVCHDを種類別にDVDに焼く方法
この記事でのAVCHDをDVDに焼くとは
AVCHDをDvd-Video形式にオサーリングしてにDVDに焼くことです
これとは、別に、もう1つAVCHDディスクと呼ばれるDVDは以下
avchdをAVCHDのまま、BDMV形式でDVDに焼くく方法です
さらに、誤解の内容に、純粋に、AVCHDをブルーレイに焼く方法は以下
ACVHDをBDMV形式で、オーサリングして、Blu-Rayに焼くこと、DVDではありません

先に準備としてSDメモリからパソコンにコピーします

先に、ビデオカメラのSDメモリカードをパソコンに挿入して、
パソコンの適切な場所に、AVCHD動画をコピーしておきます
この例では、F:ドライブのCAM_SDがメモリカードです

pp6_avchd_dvd01

この例では、E:ドライブのSDHCフォルダにコピーしています
コピーして、こちらを素材として、使用すれば、万が一失敗したりしても、
元のSDメモリーカードの動画情報には、問題はありませんので、安心です
※参考までに、拡張子MTSもAVCHDと同じ扱いです

pp6_avchd_dvd02

これで準備は完了です、
PowerProducer6でオーサリングして書き込み作業

手順1 PowerProducer6を起動した画面です
(PowerProducer 6の使い方)
AVCHDの動画をDVDメディアに焼いて、TVでみれるDVDディスクを作成するので、
ムービーディスクの作成をクリックします。赤丸

pp6_avchd_dvd03

手順2 次の画面で、ディスクを選択する画面が表示されるので、
「AVCHDのボタン」をクリックします。赤丸
★ここで重要なこと、
「AVCHDメニュー無し、AVCHDメニュー有り」のどちらを作成するにしても
●まず、ディスク記録動画形式で「AVCHD 標準2D、メニューあり」を、
選択する必要があります、なのでここでは、メニューありを選択します。青矢印
●メディア容量は、素材元動画の容量に合わせて、4.7か8.5を選択します。黄矢印
●ディスクの再生縦横比の選択は、AVCHDの場合は16:9のみです。赤矢印
●設定ができたら、右下にある「次へ」をクリックします。緑矢印

pp6_avchd_dvd04

手順3 次の画面では、素材を選択するのですが、最初に、
規定値によってメニューありのテンプレートが選択された状態で表示されます
今回は、簡単にAVCHD動画のDVDを作成すので、メニュー無しに設定します

pp6_avchd_dvd05

手順4 一番上にある、歯車のアイコン(環境設定)をクリックです、黄矢印

pp6_avchd_dvd06

手順5 すると環境設定画面が表示されます
■その一番上のタブ「プロジェクト」を選択します。緑枠
■次に、「ムービー再生モード」をクリックします、
メニューが4つ表示されますので、中から、
「すべてのタイトルを再生する(メニューなし)」を選択します。赤矢印
■そして、その下側にある、「OK」をクリックします。青矢印

pp6_avchd_dvd07

手順6 すぐに、元の画面に戻ります、
プレビュー画面ではAVCHD「メニューの無し」状態が表示されています。赤丸
手順4の画像と比べてみれば、その違いがわかります

pp6_avchd_dvd08

手順7 次に、素材のAVCHD動画を読み込みます
左側のインポート項目から、「動画ファイル」をクリックです。赤矢印

pp6_avchd_dvd09

手順8 素材のインポート画面が開くので、先ほどメモリカードから
コピーした場所を開いて、必要なAVCHD動画を指定します
選択できたら、右下の「インポート」をクリックです。青矢印

pp6_avchd_dvd10

手順9 選択した動画が読み込まれました、プレビュー画面に表示されます
今回は、初心者さんでも簡単に、AVCHD動画DVD作成できるやり方なので、
ここでは、すぐ書き込み作業に入るので、右下の「次へ」をクリックです

pp6_avchd_dvd11


※※※参考補足として、
この画面の「編集」の項目があります。黄色枠
ここで、動画の必要な映像と、不要な映像はカット削除したり、間をとって
繋げたりできます。
もちろん、チャプター作成などもできま

手順10 書き込み設定画面が表示されます

★★★重要★★★
この画面が表示されたら、操作をする前に、空のDVDを挿入しておきます

※基本的には、DVDメディアはデータ用で必ずブランクディスクを使用します
メディアの選択を間違えると再生できない原因にもなります
★また、最初から、PowerProducer6を起動する前から
新規DVDメディアのブランクディスクを入れておいてもOKです

ここの設定は重要です、上から説明していきます
■ドライブがDVDメディアを挿入したドライブ機器になっているか確認します
特にドライブ機器が2台ある場合は、間違っているとエラーになります。黄色矢印
■ボリュームラベル欄には、わかりやすい名前を入力します。赤矢印
※ただし、英数字のみです、日本語を使用するとエラーになります
■「ディスクに書き込み」の個所には、「チェック」を入れます
さらに、AVCHDでは、ディスクのファイナラズにチェックを入れます。青枠
■コピー数は、自分で好きなだけ作成できます、規定値は1枚です。青矢印
■左下にあるディスクアイコンでは、書き込む容量が確認できます、
ここで、4.7Gか8.5Gのどちらにしたらいいか判断ができます。桃矢印
■最後に、設定に問題ないことを確認して、 右下の「書き込み」をクリックです。緑矢印

pp6_avchd_dvd12

手順11 書き込み作業が開始されます、ここは、ドライブ機器や動画容量によっても
時間は変わってきますので、慌てずに、終わるまで待ちます

pp6_avchd_dvd13

手順12 書き込み作業が終わると、完了の画面が表示されます
「PowerProducer 6を終了」をクリックして、ソフトを閉じるだけです

pp6_avchd_dvd14

BDAVからBDMV作成ができる初心者向けのオーサリングソフト
さらにDVD-VR形式で記録したディスクの、オンディスク編集を行うことができます
PowerProducer 6 Ultra icon

スポンサーリンク

シェアする

フォローする