マウスコンピューター/G-Tune

MTSをBDAV形式でブルーレイ作成 2019年版(m2tsも同じ)

スポンサーリンク

mts・m2tsをBDAVでオーサリングしてBD作成

(BDAV形式でブルーレイ作成 PowerProducer 6 2019年)

 

先に、初心者さんに説明しておくと、TVで見れるブルーレイ作成には、
2つあり、BDMV形式とBDAV形式になります
BDAVのオーサリングができるのは、CyberLink PowerProducer 6です
初心者さんがBDAVを簡単に作成できるのは、このソフトのみです

※PowerDirectorで作成できるBlu-Rayディスクは、BDMVだけになります
同じく Power2GoでもBDAVの書き込みはできません、できるのはBDMVです

公式サイトで詳細を確認 PowerProducer 6

BDAVとは、簡単に言えば、
地上デジタル放送を家庭用BDレコーダーで、Blu-Rayメディアに書き込む規格です
そのため、基本的には各メーカー機器に依存せずにBDを視聴できる仕様になります
もう1つは、メニュー無しのブルーレイディスクが作成されます

※地デジをBDレコーダーでblu-rayに書き込むと(保存する)
BDAVフォルダとAACSフォルダが通常は作成されます
自作の動画の場合は、AACSは必要ないので、作成されまません

ここでは、デジタルビデオカメラで撮影した、AVCHD構造の中にある、
拡張子mtsを使用してBDAV作成します

また、元がmtsでも専用ソフトを使用して、移動とコピーの操作を行うと、
拡張子は、m2tsに変更されます、mtsでもm2tsでも操作は同じです

BDAVでBD作成方法を動画で詳しくで解説
mtsをBDAV形式でブルーレイ作成 PowerProducer 6 「2019年」

動画素材を準備

まずは、準備として素材元になる、動画を用意しておきます
この例では、拡張子mtsの動画にしてます

ブルーレイメディア

次に、新品のBlu-Rayメディアをドライブ機器に挿入します
この例では、BD-Rメディアの25GBを使用してます
下図で、空き領域が、「22.5GB」になっているのが確認できます
これで、正常にwindows側で認識されているのが分かります

CyberLink PowerProducer 6でBDAV作成(mts.m2ts)

まずは、PowerProducer 6を起動したら、上のメニューから、
「ムービーディスクの作成」をクリックします

メディア選択画面

この画面を上から説明していきます
ブルーレイのBDAVを作成するので、「Blu-Rayアイコン」を選択します
●ディスクの動画記録形式は、「BDAV」を選択
●ディスク容量は、 25GBか50GBを判断して選択します
●ディスクの縦横比は、「16:9」の固定なので、そのままにしておく

動画を読み込み

次の画面では、BDMVになっていることが確認できます
ここでは、動画を読み込みます、インポートの「動画ファイル」をクリックです
※または、エクスプローラから直接、ドラッグしても同じです

インポート画面開くので、適切な場所を指定して、動画素材の
mtsを選択してから、「インポート」ボタンをクリックです

※また、ここでは多数の動画ファイルがある場合に、映像を確認するために、
再生ボタンがあるので、確認できます、緑枠

mtsを読み込んだ状態が下図です
BDAVではメニュー無しになるので、タイトルなども作成できません
そのまま、すぐにBDメディアに書き込み作業を進めていくだけです

しかし、動画の基本編集である、
動画のカットや分割、動画をつなげるなどの編集作業は可能です

編集項目について

左側にある、「編集」については、動画の方で全項目を解説しています
フォトスライドショーについても、過去動画とブログ記事で詳細に解説してます
基本のビデオクリップについても、動画を参考してください

ブルーレイに書き込み

書き込み作業を始める前に、下図で確認をします
●まずは、ディスクの容量を確認して、サイズが収まっているか確認、赤矢印
●次に、正常にBDAVとして再生できるか、「プレビュー」で確認、緑枠
問題なければ、そのまま「次へ」をクリックです

出力画面

この画面では、BDAVならではの設定があります
●ディスクボリュームは、パソコンのドライブ機器で表示する名前です
分かりやすい、名前を英数字で入力します

●ディスク名は、テレビで視聴する場合の名前です
こちらも同じように、分かりやすい名前を入力します

●「ディスク書き込み」に必ずチェックを入れます
また、コピー枚数を指定できます、既定値は1です
あとは、下の「書き込み」をクリックです

※BDAVでは、「ディスク名」が追加項目として設定画面に表示されます
これが、BDMVでは、「ディスク名」は表示されません

BDAVのオーサリング作業とBDAVの書き込み作業が、
が開始されますので、ここは終了するまで待ちます

ブルーレイの書き込みが終了すると下図画面が表示されます
そのまま、「EXIT」をクリックして閉じます
閉じると同時に、BDディスクが排出されます

BDAVのBlu-Rayディスクを確認

排出された、BDディスクを挿入した状態が下図
先ほど入力した名称の「2018-001」と表示されてます

さらに、BDディスクを開いて中を確認します
下図のように、中が「BDAV」となっています

 

これで、正常にBDAV形式でブルーレイ作成できたことが確認できます

公式サイトで PowerProducer 6 の詳細を見る
icon

補足重要
最後に補足として、その他メーカーでは、
BDAVが作成できるのは、TMPGEnc Authoring Works 6のみです

一般的に、各メーカーが販売しているホームユース製品では、
基本的にBDAVは作成できません、できるのはBDMVです