サイバーリンク公式オンラインストア

YouTube向けのデスクトップPC購入レビュー

スポンサーリンク

カスタムで購入したデスクトップパソコン

 

今回、新たにパソコンを購入した一番の理由は、
動画編集ソフトを使用する際に、まずメモリが足りなかったことと、
さらに、作品を保存するための、HDDの容量が足りなくなってきたことです

ただし、予算は、10万円以内で納めることが絶対条件です

 

PowerDirector 18のMedia Suiteと単体製品の違い
新品パソコンを購入 バンドル版と通常版の違い

 

構成を検討

・CPUはできるだけ最新がいいので、手頃価格でCore i5-9400あたりに妥協して
・メモリは、8Gだときつかったので16Gが必要と考えて、16GBに変更

・容量については、C:ドライブは、結構ソフトを入れるので必要だし、
さらに、PowerDirector 18などでBlu-Ray書き込み等は、一時ファイルとして、
HDDに空き容量がないと、書き込み失敗の原因になるので、
最低でも1TBは、必要と考えて、価格の安いHDDにこれも妥協しました

・さらに、保存等のために、HDDは、2台必要なので、2台目を2TBを追加
電源については、
先々に、GPUを載せたいので、500W [80PLUS GOLD認証]に変更してます
※青文字はカスタム変更した部分です

BTO構成パソコン
OS Windows 10 Home 64ビット
CPUプロセッサー インテル(R) Core i5-9400 プロセッサー (2.9-4.1GHz/)
メインメモリ DDR4-2666 8GB×2(デュアルチャンネル/計16GB)
HDD[OSインストール] 1TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA
HDD[追加1] 2TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
チップセット インテル(R) B360 Express チップセット
グラフィックアクセラレーター インテル(R) UHD Graphics 630
電源 500W [80PLUS GOLD認証] / ATX電源
ケースファン 静音9cmケースファン
価格 ¥93,830(税込)

 

実は、自作PCも1990年ぐらいから趣味程度で何台も作成してきました
上の構成は、あくまでも私的の内容にあったものです
ある程度、動画編集をするなら、性能は必要になってきます
CPUとGPUとメモリ、さらにHDDよりは、SSDを選択するのが良いです
動画編集する入門機には下記あたりが最良かなと

第9世代 Core i7とGeForce GTX 1660搭載パソコン [SSD+HDD搭載]

公式サイトで詳細確認>STYLE-R039-i7K-RIA [Windows 10 Home]

この他にも、パソコン工房では、自分で自由に使用を変更できますし、
または、初めてであれば、すでに完成したパソコンを購入するが安心で安定です

 

YouTube向けのデスクトップPC購入レビュ

私が考えた、YouTubeにアップロードする目的のパソコンが届きました
私の場合、作品自体が性能的には、さほどCPUとGPUに負担がかかることはないので
むしろ、バックアップのための保存容量が大事なことと、
また、PowerDirector 18以外のソフトを同時に起動させるので、メモリが必要でした。

届いたパソコン

10月1日に注文してから11月10の40日ほどかかりました、
これは、10月の台風被害の影響で遅れてたので、待つしかありません

梱包を開けた状態です、段ボールは大きかったが、中身は思ったよりも、
コンパクトです、隙間に厚紙が詰めてあります

箱から取り出した状態です、前面からみた状態です
電源ボタンが天井部一番上にあります
5インチベイに見えてるボタンは、ドライブ機器のボタンです

付属品

付属品を並べてみました
電源コードとキーボード、マウスは揃ってます
あと、保証書とマザーのドライバーCDが付属してます

PC性能を確認

CPU-Zで確認してみました、
Core i5-9400、注文通りになっています

Media Suiteとは

単体製品のビデオ編集、写真編集、ディスク書き込み、オーサリングフトなど、
複数の単体製品を1つにまとめたオールインパックになります
普通に、有料販売されている製品です
> 公式サイトで MediaSuite の詳細を見る

Media Suiteの特徴

Media Suiteは、最新版がバージョン16です(2019年11月現在)
Media Suiteの特徴として、収録されているソフトは、旧バージョンになります
また、単体製品と異なり、機能が一部削除されています

無料のMedia Suite 10

購入した新品パソコンに無料でインストールされている
【サイバーリンク製品】無料の「Media Suite 10」です

無料ですが、正式の通常版として動作します
体験版ではありませんし、期間制限あるなど、そのようなことは一切ありません

その中には、多数の主要なソフトが入ってます
ただし、各ソフトともバージョンが古いです

機能削除について

ここでは、実際に機能項目はあるけど、使用できない物を見ていきます

PowerDirectorを起動すると、バージョン14であることが確認できます

モーショントラックが対応してない

機能一部が削除されているのは、【モーショントラック】です

下図のように、項目からクリックすると、
この機能は。「使用できない」と表示されれます

Power2GO

次に、ライティングソフトのPower2go 8です

BDオーサリングできない

この画面では、DVD作成しかできないことが確認できます

今回は、パソコン工房にて、カスタム構成で注文した製品になります
はじめて購入する際は、最初から完成しているパソコンを購入するが安心です

国内最大級のパソコンショップ「パソコン工房」3年保証も選択可能
第9世代インテル Core プロセッサー搭載デスクトップパソコン