Outlook 2016 署名の作成方法




Outlook 2016 署名の作成方法

初心者さん向けに、丁寧に解説してます
(メール署名 windows10)

さらに、初心者さん向けに、記事と同じ内容を動画でも解説します
Outlook 2016 署名作成のやり方 初心者さん解説

はじめてのOutlook 2016 メール署名作成 初心者入門

1)

まず、準備として、今回使用する署名をテキストエディッタで作成しました
これを素材として、outlookに署名を作成していきます
※ここでの、名前、住所等は、架空のものです

※初心者さんは、先に、署名をメモ帳などで、先に作っておくのが簡単です

2)

Outlook 2016を起動した状態です

この例では、「test-002@pc-win10.net」と言う、メールアドレスを作成してます
このメールアカウントに、署名を作成していきます

※余談ですが
有料のレンタルサーバー契約であれば、いくらでもメールアドレスが作成できます

★重要
このメールアドレス(メールアカウント)は、
この記事公開後には、削除します

3)

Outlookの上のメニューから、「ファイル」をクリックです、赤矢印

4)

アカウント画面が開きます
その左側にある、「オプション」をクリックです、赤枠

5)

オプション画面の、上から2番目にある、「メール」をクリックです、赤枠

6)

メール設定画面の、右側にある、「署名」をクリックです、赤矢印

7)

署名設定画面が開きますので、「新規作成」をクリックです

8)
下図画面が表示さるので、保存する名前を付けて、「OK」をクリックです
※この例では、「ビジネス」としてます

9)

先に作成しておいた、テキストの署名を、コピーして、
署名編集の枠に貼り付けます、青矢印

できたら、そのまま、下の「OK」をクリックです、赤矢印

10)

さらに、全体画面に戻るので、全体画面の下にある、「OK」をクリックです、赤矢印

11)

すぐに、Outlook2016の画面が表示されます、ここで、実際に設定を確認してみます

そのまま、ホームタブ内にある、「新しいメール」をクリックです、赤枠

13)

新規のメール作成画面が表示されます

その中に、先ほどの署名が挿入されているのが確認できます

これで、正常であることが確認できましたので、作業はすべて完了です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする