BurnAware FreeでISOの作成のやり方




BurnAware Freeの使い方

(Windows10でISOイメージを作成する方法BurnAware Free編)

※補足
windows10では、ISO作成する機能はありません、ですので他ソフトが必要です
誤解のないようにさらに補足
しかし、windows10でもISOを書き込み機能とマウントする機能はあります

ISO作成は無料のBurnAware Freeで簡単にできます

CD・DVD・BDなどのメディア自体をケースに入れて収納擦るのも良いと思いますが
毎回、探してパソコンに挿入するのが手間だなと感じる場合があります

そこで、もっと簡単にできる方法として、ISOイメージ作成があります
ISOイメージなら、外付けハードディスクに大量に保存することができますし、
また、ノートパソコンなど、ドライブ機器のないタイプでも、ISOで使用できます
本来のディスクをISOにすることで、PCでは、高速にアクセスできるメリットがあります

パブリックドメインのDVDディスクや音楽CDをISOイメージ作成しておけば便利です

ここでは、素材として、パブリックドメインのDVDを使用して説明していきます

BurnAware FreeでISO作成のやり方

1)

下図において、(F:)ドライブにDVDが挿入されているのが確認できます、赤枠
このdvdをISO作成します
※パブリックドメインのdvdなので著作権保護が無いDVDです

2)

BurnAware Freeを起動して、「イメージへコピー」をクリックです、赤枠

※ディスクからISOイメージを作成する場合は、これになります
※それに対して、HDDのファイルやフォルダからイメージ作成するなら、
その他下にある、「ISO作成」になります

3)

ディスクからイメージ作成画面が表示されますので、「参照」をクリックです、赤枠

※ドライブ機器を確認します、1台の場合はそのままで問題ありませんが、
ドライブ機器が2台以上ある場合は、確認が必要です、赤矢印

4)

空欄になっているので、ファイル名を任意で入力します、赤枠
できたら、「保存」をクリックです、赤矢印

5)
元の画面にもどるので、上にある、「コピー」をクリックです、赤矢印
※このとき、拡張子がisoになっているのを確認します、青矢印

6)

ISOイメージ作成が始まりますので、ここからはしばらく待ちます
※ソースとは、読み込み元のメディアのことです、DVD-ROMであることが確認できます

7)

ISO作成が終了すると、緑色で、完了の文字が表示されます、赤枠
そのまま、右隅のバツ「x」で閉じます

8)

エクスプローラを開いて、実際にISOを確認してみます
正常に、ISOが作成されていることが確認できます、赤枠

これで、windows10でのISO作業は完成です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする