windows10 dvd ムービーメーカーの書き込み方法2017版




windows10 dvd ムービーメーカー (windows10 dvd 書き込み)

windows10も、 Fall Creators Update の大型アップデータがありましたが、
初心者さんから、よく質問で、
windows10でムービーメーカーを使用して、テレビで見るDVD作成方法を聞かれますので、

今回は、Fall Creators Updateのアップデートが完了したwindows10で
Windows DVD メーカー(Windows DVDメーカー)の代わりになる、
オサーリング機能とライティング機能ができるソフトを使用します
mp4 dvdを書き込みそれが下記ソフトです
Power2Go 11 Platinum

■Windows DVD メーカー(Windows DVDメーカー)については、
下記で詳しく解説しています参考にしてください
DVDメーカーはwindows10にありますか?

※dvd 拡張子 につていは下記参照してください
家庭用DVDプレイヤーで再生するための拡張子は?

windows10でムービーメーカーのmp4をDVDに書き込み方法解説

また、ここでは、記事で図解解説してますが、さらに同じ内容を動画でもアップして、
解説していますので、両方をみると初心者さには参考になるかなと思います

windows10 dvd ムービーメーカーの書き込み方法2017版

ここで、使用するソフトは、
CyberLink Power2Go 11 Platinum
iconを使用します

★オーサリング機能とライティング機能が1つのソフトできるので簡単です、
音楽CD作成やCDコピーなどもでき、豊富な機能です
なによりmp4 dvdを作成が初心者さんでも簡単にできます
初心者さんいは安心の定番ソフトです

★無料ソフトもありますが、1つのソフトで全て完了ではありません、
2つ、3つの無料ソフトを使用することになるので、初心者さんは大変だと思います
それでも、無料が良い方は、このブログ内にも多数紹介しています

■また素材として、使用しているのは、私が実際に旅にいって、撮影した動画素材です
こちらも、動画とブログがありますので、興味あれば参照してみてください

楊貴妃伝説の二尊院 (山口県長門市油谷)に行ってきました

1)

まずは、ムービーメーカーを使用して、動画編集を終わらせた状態から説明します

※下図は、動画編集が終わった状態とします

2)

●ムービーメーカーでmp4保存するためには、上のメニューから、
「ファイル>ムービーの保存>高解像度ディスプレイ」と順にクリックしていきます

★重要補足(初心者さんがよく間違えるとこ)

プロジェクトの保存とは、いまの編集状態を保存するものでなので、違います

3)

保存場所と、保存する名前を入力します
この時に、保存形式がMP4を選択していることを確認します

できたら、下の「保存」をクリックします

4)

動画をmp4で出力するので、多少時間がかかりますので、終わるまでまちます

この時間は、動画のサイズやパソコン性能によって、大きく変わってきます

5)

作業が終わると、完了の画面が表示さるので、下図画面は、「閉じる」をクリックします

そのまま、右の「x」バツを押して、ムービーメーカーを終了します

テレビで視聴できるDVD作成 Power2Go 11 Platinum

6)

CyberLink Power2Go 11 Platinumを起動します

起動したら、上段にある、「ビデオディスク」をクリックします、赤枠
さらに、下段にある、「Dvd-Videoディスク」をクリックします

7)

DVD作成画面が表示されます、ここから、順番に進めていきます
この、画面の緑枠で囲ったアイコンからでも、素材動画の挿入はできます

また、赤丸で囲た場所に、動画をドロッグアンドドロップでもできます

8)

今回は、エクスプローラを開いて、
先ほどのmp4ファイルをドロッグアンドドロップして挿入します

9)

動画素材が読み込まれました、ここで、操作していくには、
マウスで、素材動画をクリックすると、赤丸

周りにアイコンが表示されます、緑枠

10)

まず、タイトルの変更しておきます、タイトル辺りをクリックすると、変更可能になります

ここでは、「楊貴妃伝説の二尊院」と入れています

●この動画を削除するには、「ゴミ箱」アイコンを選択すればできます、黄色枠
●また、動画の撮影で、縦横が反対なのものは、左右矢印で反転できます、緑枠
●再生ボタンは、桃色枠

11)
メニューの設定をするので、
上にあるタブから、「メニュー基本設定」をクリックします

12)

メニュー設定のテンプレートが表示されますので、
その中から、好きなのを選択していきます
この例では、「優雅」を選択しています
●選択すると、さらにメニューが表示されるので、
「すべてのページに適用」をクリックします、赤枠

13)

ついに、ルートメニューのタイトルを変更しておきます
右側のプレビュー画面の、タイトル文字を選択してから、
任意で文字を入力します

※※※また、文字の枠が選択されてないと、上の装飾メニューは使えません
下図は、正しく選択されているので、使用できる状態です

14)
動画では、説明していませんが、音楽のBGMも変更可能です
下図の赤枠のアイコンをクリックすると、変更画面が表示されます、黄色枠

その中にある、点3つ「・・・」をクリックすると、緑矢印
音声ファイルを選択する画面が表示されるので、任意で選択してから、
「適用」をクリックすれば、変更完了です

15)

次に、上にあるタブから、「ディスク基本設定」をクリックします、赤枠

●DVD作成なので、DVDアイコンになっていますので、ディスクサイズを
4.7Gか8.5Gのどちらかを選択します、赤矢印

●画質設定を、「スマートフィット」にしておくといいです、青枠

●テレビ信号方式は、必ず「NTSC」を選択です、緑枠
ここ間違えると、日本国内の家電製品では、再生できないです

●動画の容量は、一番下に、青バーと数字が表示されるので、確認できます、黄色矢印

●プレビューを押すと、実際の今の状態が再生されます

16)

画面の一番右下にある、「書き込み」をクリックします、黄色矢印
そうすると、画面中央に、最終出力画面が表示されます、赤枠

17)

ここで、先に新品のDVDメディアをドライブ機器に挿入します
挿入したら、下図の画面が出る場合と、出ない場合がありますが、
表示されたら、クリックしておきます

18)

クリックすると、また下図が表示されるので、「何もしない」をクリックです

20)

DVDメディアが認識されたので、先に進みます
●ボリュームラベルに、英筋のみで、名前を付けます
※ここでの、ボリュームラベルとは、DVDディスクに付く名前です

●「ディスクに書き込み」がチェックが入っているか確認します、青枠
●さらに、作成枚数も指定できます、緑枠

●最後に、問題なければ、「書き込み開始」をクリックです、黄色矢印

21)

作業が開始されたので、このまま終わるのを待ちます
ここから、自動で、オーサリングとライティングを。
Power2Go 11 Platinumが行います

このあたりが、有料ソフトの良いとこです

22)
作業が完了した状態が下図です
ここは、「OK」ボタンをクリックするのが簡単です
OKをクリックすると、出来上がたDVDディスクが排出されます

23)

あとは、画面を閉じていくだけです
下図の、閉じるをクリックして、さらに、一番右上の「x」バツをクリックして、
ソフトを終了します

最後に、ここでは、DVD作成でしたが、ブルーレイについても、
別記事で、解説していますので下記
このmp4はムービーメーカーでも、ビデオカメラのmp4でも、全く同じやり方です
mp4をブルーレイに焼いてテレビで視聴する焼き方Power2Go 11編

このように、Power2Go 11 Platinumを使用すれば、初心者さんでも簡単にできます

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする