デジカメde!!ムービーシアター6の使い方 第4回




ブルーレイに焼いてテレビで見るデジカメde!!ムービーシアター6

この第4回では、ブルーレイオーサリングを説明まします

ここでは、初心者さん必読
デジカメde!!ムービーシアター6のマニュアルにも説明がないので
ブルーレイの焼き方を解説してみました

付属のPower2Go 8 HEでは、Blu-Rayオーサリング機能はありません
また、Power2Go 8からPower2Go 10までも、ありません

Power2Go 8からPower2Go 10で、出来るのはDVDオーサリングのみです

重要補足 超初心者さん必読

●基本的に、大事なことですが、ソフトを対応させても、肝心なドライブ機器が
機器的にブルーレイの書き込みに対応してないと、当然、書き込みはできません

古いパソコンを使用している場合は、その物理的なドライブ機器を確認する必要があります
●ドライブ機器が、DVD読み込みと書き込みまで対応で、ブルーレイ未対応の場合もある

●また、ブルーレイが誕生したころの機器だと、
DVDの読み込み、書き込みとブルーレイの読み込みはまではできるが
ブルーレイの書き込みはできない、タイプのドライブ機器もあるので、
ブルーレイーの書き込みまで、できるか、確認が必要です

ブルーレイオーサリングできるのは、Power2Go 11 Platinumであって、
同じ価格帯の安い、Power2Go 11 Deluxeでも、使用できませんので注意です

※Power2Go 11 Platinumにアップグレードしないと作成できません
Power2Go 11/DVD、ブルーレイ、BDXLなど多様なディスク作成ソフト

1)

まずは、出力設定にて、一番下にある、「m2ts」をクリックです、赤枠

2)

この画面では、出力先フォルダを確認しておきます、青矢印
※特に初心者さんは必須の確認です

あと、「解像度高さ」を1080にしておきます、赤枠

他は、既定値のままでOKです

下の「出力開始」をクリックです、赤矢印

3)

時間の注意書きが表示されますが、ここは、「OK」をクリックです
でないと、先に進めません

※注意として、
日頃からパソコンの動作が不安定な状態だと、うまくいかない原因もあります
正常なパソコンの動作状態にしておくことが大事です

4)

出力が始まるので、ここは待つだけです、
パソコンの性能や動画サイズによっては、時間がかかる場合もあります

5)

出力が完了画面が表示されます

ここは、デジカメde!!ムービーシアター6の作業と操作は、ここで終了です
ですので、「x」バツボタンで閉じます、赤丸

そして、さらに、デジカメde!!ムービーシアター6もソフトを終了します

Power2Go 11 Platinumを起動します

6)

起動した画面にて、上のメニューから、「ビデオディスク」を選択します、赤枠

さらに、下のメニューから「ブルーレイディスク」をクリックです、黄色枠

7)

ブルーレイオサーリングの画面が表示されます
一番上の赤枠のとこで、ブルーレイ画面であること確認できます
そして、左の枠に、素材を入れていきます、赤丸

8)

エクスプローラを開いて、m2tsを出力(保存)したフォルダを開きます

そのまま、ドラッグアンドドロップします

9)

下図は、素材のm2tsが挿入できた画面です、緑丸
ここで、左下にある、ディスクアイコンで、作成する容量が確認できます、赤矢印
さらに、ここで、現状をプレビュー画面で、再生して確認できます、黄色矢印

※この例では、テストなので、ものすごく空きがあります

新品のブルーレイメディアを先に挿入します

10)

先に、市ピンのBlu-Rayメディアを挿入します

11)

上にある、メニュータブから、「ディスクの基本設定」をクリックです、赤枠

12)

●ブルーレイボタンの三角ボタンで、メディアサイズを指定します、緑矢印
ここは、Blu-Rayは25Gか50Gのどちらかです
●動画エンコード方式は、「H.264」にします 黄色枠
●画質は、「スマートフィット」を選択します 赤枠
●TV記録方式は、「NTSC」を選択、緑枠
●メニュータイトルも変更できるので、変更します、赤矢印
できたら、右したの「書き込み」をクリックです、黄色矢印

13)

書き込み開始画面が表示されるます

●ここは、ボリュームラベルに、英数字で名前を付けます、赤矢印
●「ディスクに書き込む」にチェックを入れてます
※ここにチェックが入ってないと、メディアに書き込むできません
●同じものを数枚必要なら、コピー枚数の数字を変更します
できたら、下の「書き込み開始」をクリックです、黄色矢印

14)

書き込み作業が開始されるので、終わるまでまちます
ここからは、動画サイズによっては、結構時間かかります

15)

作業の完了画面が表示されたら、「OK」をクリックします

ここで、ディスクが排出されます

あとは、家庭用レコーダー等で再生して、テレビで見るだけです

★補足
Power2Go 11 Platinumにアップグレードした場合は、オーサリングに関しては、
全てPower2Go 11 Platinumを使用していけば大丈夫です、古いPower2Go 8 HEを
使用する必要はありません。
※Power2Go 11 Platinumでデジカメde ムービーシアター6 dvdに焼く場合も
M2TSのとこを、DVDボタンにするだけです

Power2Go 11/DVD、ブルーレイ、BDXLなど多様なディスク作成ソフト

スポンサーリンク