デジカメde!!ムービーシアター6の使い方 第3回




デジカメde!!ムービーシアター6で出力設定の解説

この第3回は
出力設定の選択方法で、DVDメディア又はblu-rayメディアに焼く方法です

初心者さんが一番に困る、迷うのが、出力設定なので、詳しく説明していきます
また、マニュアルでは説明されていない部分を初心者さん向けに解説

まずは、現状のPower2Go 8 HEについて理解をする必要があります
Power2Go 8 HEは、デジカメde!!ムービーシアター6に付属する単体製品です
単体製品なので、デジカメde!!ムービーシアター6に関係なく、起動して作業できます

そして、Power2Go 8 HEはサイバーリンク社が販売するライティングソフトです
ただし、超重要なのですが、Power2Go 8はDVDオーサリングしかできません

2017年現在、Power2Goの最新版はPower2Go 11 Platinumが最新版です
そしてここが、重要なのですが、DVDとblu-rayオーサリングができます
Power2Go 11/DVD、ブルーレイ、BDXLなど多様なディスク作成ソフト

重要補足

●基本的に、大事なことですが、ソフトを対応させても、肝心なドライブ機器が
機器的にブルーレイの書き込みに対応してないと、当然、書き込みはできません
取説などを見てドライブ機器がブルーレイ書き込みに対応してるか確認が必要です
※また、ドライブの機器のマークを見ても判断もできます

出力設定では、ライティングとオーサリングについて理解が必要です

●まず、
ライティングとは、あらゆるデータをディスクにレーザーで書き込むことです

●オーサリングとは、動画の拡張子mp4やaviやm2tsやwmvなどから、
DVD-VIDEO形式することです、この場合はDVDならです

さらに、同じく、動画の拡張子mp4やaviやm2tsやwmvなどから、
BDMV形式にすることです、この場合は、blu-rayです

DVD-VIDEO形式とは下図画像1です

※社員旅行の映像をDVDに焼いて、テレビで見れる形式になっています

下図の「AUDEIO_TS」と、「VIDEO_TS」がdvd-video形式です、赤矢印

画像1です

■また、市販されているDVDやレンタルDVDも、12cmの銀色の円盤になっています
その中身をパソコンで表示すれば、同じように、画像1の形式なっていますので、
それゆえに、テレビで視聴できるのです

BDMV形式とは下図画像2です

同じく、社員旅行の映像をブルーレイに焼いて、テレビで見れる形式になっています

下図の「BDMV」と「CERTIFICATE」がBDMV(bd-video)形式です、黄色矢印

画像2です

同じく市販のBlu-Rayディスクも、画像2の形式になっています

この形式に変換する作業をオーサリングと呼びます

Power2Go 8 HEでは、ライティングソフトですが、そのDVDオーサリング機能が
搭載されていますので、自動でオーサリングして、次に自動でライティングしてくれます

それではじめて、テレビで見れるDVDが作成できることになります

では、実際の出力画面で説明です

■DVDに焼いてテレビで見る形式にするためには、
「DVD作成」をクリックします、赤丸

■blu-rayに焼いてテレビで見る形式にするためには、
画面の下の「m2ts」をクリックです、青丸
※ただし、Power2Go 11 Platinumにアップグレードしないと作成できません
Power2Go 11/DVD、ブルーレイ、BDXLなど多様なディスク作成ソフト

■DVD作成のやり方は、前回記事の第2回目で説明してますので、省略します

blu-rayに焼く方法は、別記事の4回で詳しく説明しています

デジカメde!!ムービーシアター6の使い方 第4回

ブルーレイに焼いてテレビで見るデジカメde!!ムービーシアター6

■バージョンの違いで、DVDオーサリングとblurayオーサリングの画面の違いを確認

下図はPower2Goのバージョンを確認するには、helpからできます
赤枠で囲ったとこに、正確な、Power2Goのバージョンが確認できます

Power2Go 8 HEでは、オサーリング機能として、DVDしかありません

下図でもわかるように、選択画面が、DVDのアイコンしかありません、赤矢印

次に、Power2Go 11 Platinumのバージョン確認です
下図の赤枠で、「 Platinum」であることが確認できます

Power2Go 11 Platinumでは、BDMVのオーサリング機能としてあるので、
ブルーレイのアイコンが確認できます
さらに、黄色の矢印でも、h.264、フルHD仕様が確認できます

超重要補足 初心者さんは必読です

blu-rayメディアに焼くには、Power2Go 8 HEではできません、機能がありません
正確に言えば、BDMV形式に変換するオーサリング機能が無いので、できません

そこで、ブルーレイオサーリングするなら
上位版のPower2Go 11にする必要があると説明してますが、さらに誤解の無いように説明

オーサリングせずに、写真をそのままjpgとして、ただのデータとしてなら、
Power2Go 8 でも、ブルーレイに書き込みはできます

これは、写真jpgのまま、ブルーレイに保存したことになります
※写真のバックアックとでも呼んでもいいかもです

しかし、その場合は、動画ではないので、基本的には、テレビで見ることはできません

デジカメde!!ムービーシアター6の使い方 第4回

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする