PhotoDirector 9とPowerDirector16のソフトの違いを教えて?




A: 答えは、この2つは、まったく別のソフトです

その違いをここでは、超初心者さン向けに説明してみます

PhotoDirector 9は、写真編集ソフトで、カメラからの写真編集に特化したソフト

PowerDirector16は、動画編集ソフトで、ビデオカメラなどの映像編集に特化ソフト

初心者さんがよく使用する、具体的な使い方を上げれば以下

PowerDirector16では

●結婚式のプロファイルのムービーを作成する
●運動会の映像を、編集加工して、動画を作成する
●YouTubeにアップロードするための、動画を作成したいなど
●動画をDVDメディアやblu-rayメディアに書き込んで、テレビで見るなど

このようなことであれば、サイバーリンク社の初心者向けソフトである
PowerDirector16を購入すれば、作成できます
かんたん快速、PowerDirector 16/360種の初心者向けテンプレート搭載バージョン

PhotoDirector 9 Ultraでは

●撮影した暗い写真などを明るくしたり、その他、色に関する編集できます
●写真の人物を消したいなど、さくっと囲むと背景に合った違和感なく消せます
●旅行に行った写真を年月日順に、整理管理するなど
●写真を年賀状仕様するために、加工編集してするなど
●レイヤーを使った写真の合成機能で色々できます

PhotoDirector 9を購入すれば、作成できます
写真編集ソフト:PhotoDirector 9 かんたん修整、レタッチ、RAW現像ソフト

さらに分かりやすく、そのソフトで出来上がった状態を考えてみます

●PhotoDirector 9で、素材元の写真を加工編集した、完成品は、静止画像です
そして、拡張子はjpgです(その他の拡張子もできます)

●PowerDirector16は、映像(動画)を読み込んで、加工編集します、完成品は、動画です
但し、PowerDirectorでは、映像以外にも、写真を取り込むこともできます
それでも、完成品は、動画です、拡張子もmp4です(その他の拡張子もできます)

★作成して、出来上がった物が静止画か動画かの違いで区別もできます

補足として、最新版「PhotoDirector 9 Ultra」について

上で説明したように、PhotoDirecは静止画を扱うソフトですが、
2017年発売のPhotoDirector 9 Ultraについては、
なんと、動画も取り込めるようになっています、なぜかと言うと、
それは、「モーションスチル」機能が搭載されています、これは、
動画から、もしくは連写で撮った静止画から、その一部だけを、動かした動画を作成する機能
※※※別の言い方で、「シネマグラフ」とも呼びます

この機能があるのは、「PhotoDirector 9 Ultra」だけです、価格の安い
「PhotoDirector 9 Standard」には、ありません

■また、2つのソフトを単体で買うより、セット価格のほうが、6800円もお得です
お得!人気編集ソフトが 1 つに!
icon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする