年賀状ソフト2018年比較 (筆まめ2018・筆ぐるめ2018・筆王2018)




年賀狭ソフトの有名な3つのソフトをインストールしてみます

ここでは、年賀状2018年版の筆まめ、筆ぐるめ、筆王、この3つを購入してして比較

価格も安い、500円でおつりがくる、雑誌に付属のソフトです

詳しい解説は専用サイトでしています
500円の年賀状ソフトで作る

まったくのはじめての初心者さんには、通常の製品版が最良の選択だと言えます
なぜなら、書籍に付属の500円ソフトは、機能限定版になっているので、
超初心者さには、白紙状態から年賀状を作成して、住所録も作成するのがですが
機能制限のある状態だと、大変だと思います

その実際の画面です、筆まめver.27ベーシックの場合です
●この何も無い白紙の状態から作成していくことになります
過去に使ったことがある方には、いいけど、はじめてだと大変かもしれません

それに対して、価格帯が通常の製品版なら
●初心者モードとかの手順が用意されていたり、
●年賀状 デザインの数量や、宛名フォントの種類が大きく違います、
●機能に制限ないので、色々なやりたいことが全部できます
下図画面は、通常版の筆まめver.28です
このように、最初から、選んで進めていける画面構成になっているので、
はじめてでも簡単にできます

★その機能制限もない、通常版での、初心者さんの、「はじめてモード」という機能を
このブログで丁寧に解説しています、そちらも参考にしてください

通常製品版の「筆まめ Ver.28」、「筆ぐるめ 25」、「筆王 Ver.22」製品は下記

通常価格帯の製品版では下記あります
★筆ぐるめ 25と筆王 Ver.22については
1製品につき5台までインストール可能なのでお得感があります
★筆まめ Ver.28は、
1製品につき1台のみインストールできます

筆王、筆まめ、宛名職人

年賀状・ハガキ作成ソフト「筆ぐるめ」

■ここから500円前後で購入した、人気の年賀状ソフトは、下図のもです

今回は、3つの年賀状ソフトを購入してみました
どれほどの違いがあるのかと思い、インストールや操作体系の違いを説明してます

ただ、500円年賀ページは。まだページ自体が作成途中のとこもあります

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする