Windows10 Windows Updateに失敗する場合




更新プログラムに失敗してインストールができない場合

ここでは、windows10のアップデートに失敗して正常に動作しない場合対処方法

■先に、現在の私のパソコン環境を表示しておきます

Windows 10 April 2018 Update(バージョン 1803)です

また、このPCは、マウスコンピューター製で、元はwindows 8で購入したものです
それを、windows8.1>windows10に、無料期間中にアップグレードした仕様です

※補足
この場合は、windows8.1からwindows10にアップグレードになります
このような場合は、アップデートでは無く、アップグレードと呼びます

マウスコンピューター / タブレットPC TOP

簡単に、初心者さんでも対処できる方法で説明しています

windowsアップデートでは、更新に失敗しても
成功するまで何度も自動で更新を繰り返すので、毎回その表示がでて導入を促してきます

アップデートの失敗を解決する方法

■自動アップデートで失敗する場合は、手動でインストールする方法

自動更新で失敗する場合などは、回線環境なとの影響で失敗もありますので、
手動で更新プログラムをダウンロードしてインストールすれば、解決できる場合もあります

1)
スタートメニューから、左側にある、「設定」をクリックします、赤矢印

2)
windowsの設定が表示さるので、中から、「更新とセキュリティ」をクリックです。赤枠

※画面の大きさによっては、表示は変わるので、更新とセキュリティの位置は変わります

3)

「windows update」画面が開くので、「更新の履歴を表示」をクリックです、赤枠

4)

履歴表示なかから、インストールに失敗したKB番号を確認してメモします
赤矢印で示したとこで、失敗と正常が確認できます、赤矢印
そして、そのインストールプログラムのKB番号を確認します、赤枠

この例では、失敗がないので、正常を例として説明しています

5)

次に、ブラウザで、公式のMicrosoft アップデートカタログを開きます

Microsoft アップデートカタログのアドレスは下記です

https://www.catalog.update.microsoft.com/Home.aspx
※アドレスは必ず確認しましょう

下図の画面が表示されますので、先ほどメモした、KB番号を検索欄に入力して、
検索します

6)

すると、検索結果が表示されます
ここでは、あらゆるwindowsバージョンが表示されます
自分のパソコン適合するバージョンを選択します、赤枠

そのまま、「ダウンロード」をクリックします、赤丸

7)

さらに、下図の小窓が開くので、KB番号に間違いないか確認して、
青文字部分をクリックします、赤矢印

8)

ダウロードの保存場所が開くので、「保存」をクリックです、赤矢印

9)

ダウンロードした場所を開いて、保存したアップデートプログラムがあるので、
これをダブルクリックすれば、インストールが開始されます

これで、インストールに失敗した更新プログラムは正常にアップデートできました

最後に

ここでは、初心者の方でも、一番簡単に対処できる方法で説明してますが、
パソコン環境によっては、色々な他ソフトが邪魔してできない、または、日頃から、
windowsの動作がおかしい場合などは、先にそれを解決してアップデートするのが最良です

スポンサーリンク