マウスコンピューター/G-Tune

Windows10 May 2019 UpdateのisoをDVDに焼く

スポンサーリンク

無償のwindows10のISOをDVDに焼く方法

 

2019年6月現在において、windows10の最新バージョンは1903です
マイクロソフト公式サイトから、windows10がダウンロードできます

Windows 10 May 2019 Updateの公式サイト

Windows 10のダウンロード

公式サイトからダウンロードしたwindows10メディアツールにて、
インストールメディア作成ができます

今回は、windows10のISOをDVDに焼く方法を解説しています

Windows10 Ver1903のiso作成してDVDに焼く方法

Windows10 May 2019 UpdateのisoをDVDに焼く

 

Windows 10 ver1903のインストールディスクを作成

 

下図の「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします、赤矢印

ダウンロードした、メディア作成ツールをクリックです

※ファイルが1903であることを確認する「MediaCreationTool1903.exe」

 

 

クリックすると、「しばらくお待ちください」が表示されるので、少し待ちます

下図のライセンス画面では、「同意する」をクリックです

別のPC選択

次の画面では、下側にある、「別PCにインストール」を選択します、
そのまま、下の「次へ」をクリックです

さらに下図画面においては、
既定値では使用しているパソコン環境に合わせて、項目が自動で選択されます
通常はそのまま、「次へ」をクリックです

※しかし、必要であれば、オプションのチェックを外せば、64ビットと32ビットの
両方をパソコンに応じて、インストール設定できるメディアも作成も可能です、赤枠

メディア選択

下図では、ISOファイルを選択してから、「次へ」をクリックです

 

保存場所が表示されるので、適切な場所を選択して、「保存」をクリックです
※このときに、ファイル名は、「windows.iso」です

isoの保存場所

iso作成の作業が開始されるので、しばらく待ちます
作業が終了すると、保存場所に、「windows10.iso」ファイルが保存されています

isoをDVDに書き込み

あとは、このISOファイルをDVDメディアに焼くだけです
windows10では、標準機能で、isoイメージを焼く機能があります

isoファイルを選択して、右クリックします、緑矢印
表示された画面から、「ディスクイメージの書き込み」をクリックです、赤矢印

 

すると、書き込み画面が表示されるので、「書き込み」をクリックです

 

書き込みが完了すると、
「ディスクイメージはディスクに正常に書き込みれました」と表示されるので、
そのまま、「閉じる」をクリックです

DVDを確認

エクスプローラを開いて、ドライブを確認すると、
「ESD-ISO」と表示されています

これで、windows10バージョン1903のDVD作成は完了です