ノートパソコン購入後にするバックアップ方法(3)イメージバックアップ編




パソコン購入後の設定 外付けHDDにバックアップ第5回 2018年版

最新の「Windows 10 April 2018 Update」にアップデートしてバックアップしてます

第3回、4回でバックアップするための準備を説明してきました

この第5回では、モバイル外付けHDDにシステムイメージバックアップのやり方です

1)

まずは、最新のwindows10であることを確認します
下図をみると、バージョンが「1803」になっていますので、2018年4月30日公開された
「Windows 10 April 2018 Update」最新アップデートになっているのが確認できます

★★★初心者さん向けに、この記事内容と同じものを動画として手順を説明しています
ノートパソコン購入後にするバックアップ方法(3)イメージバックアップ編

先に、バックアップ前のドライブ状態を確認します

2)

前回の記事で説明して、出来上がったモバイル外付けHDDが正常に認識されています
当然ですが、新品製品なので、データは何も入って無い状態で、綺麗です、赤枠

この状態から、windows10のシステムイメージバックアップ作業をしていきます

3)

マウスで、スタート画面をクリックして、左列に表示された中から、赤矢印
設定アイコンをクリックします、赤枠

4)

設定画面が表示されるので、「更新とセキュリティ」をクリックです、赤枠

5)
最初の画面が開くので、左側から、「バックアップ」をクリックです、赤枠

6)
バックアップメニューが表示されるので、中央にある、
「バックアップと復元に移動windows7」をクリックです、赤枠

7)
「バックアップと復元windows7」の画面が表示されるので、左にある、
「システムイメージの作成」をクリックです、赤枠

8)

すると、システムイメージバックアップができる、ハードディスクの検索がはじまります

システムイメージバックアップが行えるのは、外付けHDDか、
パーティションで区切った、内臓HDDになります
初心者さんは、外付けハードディスクを用意したほうが、悩まずに済みます

9)

正常に検索が終わると、一番上に、ハードディスクが表示されます、赤枠
そのまま、「次へ」をクリックです、赤矢印
※この例では、新規購入した、E:ドライブが正常に検出されているのが確認できます

10)

確認が画面が表示さるので、ここでは、システムイメージバックアップに必要な、
容量が表示されます、この例では、39Gになっています、黄色矢印
●そのまま、下の「開始」をクリックです、赤矢印

※補足
緑枠で囲った部分は、パソコン製品によっては、2、3個表示される場合もあります

11)

バックアップ作業が開始されるので、ここからは、何もせずに、終わるまで待ちます
作業時間は、バックアップサイズやHDD(ハードディスク)の性能によって、
大きく異なってきます

12)

バックアップ作業が完了すると、「システム修復ディスク」の作成が表示されますが、
USB回復ドライブを作成していれば、「いいえ」をクリックです

※USB回復ドライブについては、詳しく別ページで解説しています

13)
「いいえ」をクリックすると、下図画面が表示され、
バックアップが正常にできたことが確認できます 黄色矢印
下にある「閉じる」をクリックです、赤矢印

システムイメージバックアップ後のドライブ状態を確認

14)

最後に、エクスプローラを開いて、確認です
バックアップに使用したので、ハードディスクが多少使用されているのが確認できます

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする